SFA選び方ガイド

【2022年版】BtoBマーケにおすすめの
SFA選び方ガイド!
機能・価格・立ち位置を解説

SFAの解説

SFAとは、英語の「Sales Force Automation」の略語であり、日本では「営業支援システム」と呼ばれています。 個々の営業担当の行動や進捗状況、商談結果、成約率などを一元管理し、チーム全体への共有やパイプライン管理に必要なデータの蓄積に役立ちます。 また、営業部門の定型業務を自動化でき、コア業務に集中できる時間を増やせます。営業活動を管理するツールであるため、基本的には販売フローに営業担当者が介在するBtoB事業において利用されます。 BeMARKEでは以下の4つに分類しています。

  • 営業管理<入門>

    ・これまで、営業個人に営業活動や商談管理を任せていた企業向けのツールです。

    ・現場の営業担当者の目線で、データを蓄積していくための文化を醸成するのに適したツールといえます。

  • 営業管理<応用>

    ・営業現場における顧客情報を蓄積できるようになってきた企業が、より営業効率を高めるための分析を行うことに長けたツールです。

    ・商談管理や案件管理などのパイプライン管理に加え、可視化された営業活動の情報を活用して、営業全体のスキルレベル向上に寄与することが可能です。

  • 組織営業<入門>

    ・営業活動の仕組みを構築し、属人的な営業手法ではなく組織で売上拡大を目指す「組織営業」を構築していくためにおすすめのツールです。

    ・組織営業を実現するための最初のステップである、「データの蓄積」を行うことを主軸としています。

  • 組織営業<応用>

    ・自社に合わせた組織営業を実現していくためのツール群です。

    ・カスタマイズ性の高いツールでデータ蓄積の効率化を図るとともに、AI予測などより精度の高い分析機能を備えていることが特徴です。

SFAの比較ポイント

SFAの比較ポイント

SFA/CRMツールは、営業部門の誰に重きをおいているのか、そして、どの程度SFAを使いこなせるかによってツールの選び方が変わってきます。 ポジショニングマップにおいて左側に位置する製品群は、比較的シンプルな機能を備え、情報入力を容易にする仕組みが特長です。 右側に位置する製品群ほど、高機能かつ高価格帯で、入力項目などが多岐にわたる分、より詳細な分析が可能になります。

マップの縦軸は、営業組織の管理側にフォーカスを当てたツールか、営業現場にフォーカスを当てたツールかを示しています。 上位に位置する製品群は、営業組織の管理者が、売上実績の管理や、各営業担当者の案件を把握するのに役立つツールです。 売上最大化や営業の標準化のための分析機能が充実しています。 下位に位置する製品群ほど、現場の営業担当者の情報入力を容易にするための機能が充実しています。 日報管理やリストの地図表示機能、モバイル対応など、外勤営業でも情報を入力しやすく、営業活動に役立つ機能を豊富に備えています。

ツール選定でお悩みですか?

ツール選びのプロが
SFA選定をサポート

ツール選びのプロがSFA選定をサポート

SFAサービス一覧

あわせて読みたい

SFA関連の資料ダウンロード

SFA機能比較表23選【SFA診断チャート付き】無料ダウンロード

SFA機能比較表23選【SFA診断チャート付き】無料ダウンロード

SFA導入やリプレイスを検討している営業担当者に向けて、BeMARKEではSFA23製品を機能やプラン、費用や目的ごとに比較しやすい表にまとめました。本資料では、自社の営業組織・環境に適しているSFAを診断できる「SFA診断チャート」も掲載しています。製品選定・導入検討時の調査にお役立てください。

悩める営業課長に送る営業プロセス管理のはじめ方

悩める営業課長に送る営業プロセス管理のはじめ方

昨今、新型コロナウイルスの影響も相まって、大企業・中小企業どちらにおいても、リモートワーク推 奨や働く場所を選ばない「ハイブリッドワーク」など、企業における働き方の形が大きく変わりつつあ ります。 その一方で、多くの営業マネージャーはその変化にうまく適応できず、「営業メンバーが今何をしてい るのかがわからない」「各案件の進捗状況が見えない」といった、「営業の属人化」による営業マネジ メントにおける問題が発生しているのではないでしょうか。 また、その営業マネジメントの問題が端を発して、売上成果にも影響を与えてしまっている可能性が あります。 本資料では、営業の属人化によって計画通りに売上が作れない…とお悩みの営業マネージャーに、 若手を育成しながらチームで再現性高く売上を作る考え方をお伝えします。

BeMARKEナビゲーターが
無料で相談にのります。

  • 自社に合う
    サービスを
    知りたい
  • 施策の
    進め方が
    わからない
  • Webで
    引き合いを
    増やしたい
  • 営業活動の
    DXを
    進めたい
BeMARKEナビゲーター