ニュース解説

インサイドセールスの業務効率化でDXを促進。クラウド型電話システム「BIZTEL」が「GENIEE SFA/CRM」とのシステム連携に対応

SFA
インサイドセールスの業務効率化でDXを促進。クラウド型電話システム「BIZTEL」が「GENIEE SFA/CRM」とのシステム連携に対応

クラウド型CTI/コールセンターシステム「BIZTEL(ビズテル)」は、営業管理ツール「GENIEE SFA/CRM」とのシステム連携に対応したことを発表しました。
システム連携により、インサイドセールスやコールセンターにおける架電業務の効率化を期待できます。

目次

変化し続けるビジネス環境に対応する電話サービス「BIZTEL」

「BIZTEL」は、オフィスの電話環境や、コールセンターシステム(CTI)、テレワーク環境やスマートフォンの内線化など、豊富な機能をクラウドで提供する電話サービスです。

在宅勤務などのワークスタイルにマッチした電話インフラをスピーディに構築します。
スタートアップ企業からセキュリティ基準が高い製薬会社・金融機関まで、幅広い業種における企業活動を支えています。

インターネットとPCさえあればコールセンターが構築できる「BIZTEL コールセンター」や、在宅勤務に便利な機能をパッケージしたビジネスフォンサービス「BIZTEL テレワーク」、モバイル端末の内線化が手軽に行える「BIZTEL モバイル」など、クラウドの強みを生かしたラインナップが特長です。

「GENIEE SFA/CRM」とのシステム連携でできることとは?

一方、「GENIEE SFA/CRM」は、顧客管理・商談管理・データ分析などの機能を一元化した、国産のクラウド型の営業ツールです。
⽇本のビジネスシーンに合わせたシンプルな機能で、ツール導⼊・運⽤の専⾨家がいなくても項⽬の設定やレポート作成などを簡単に⾏うことができます。 ベンチャー企業から⼤企業まで幅広く利⽤されています。

今回の「BIZTEL」とのシステム連携により、ユーザは「BIZTEL」と「GENIEE SFA/CRM」を併用する際に、次の機能を使うことができます。

クリックトゥコール

「GENIEE SFA/CRM」の画面上に表示される顧客の電話番号をクリックするだけで、発信が可能です。
電話番号をダイヤルする動作が省けるとともに、かけ間違いを防止できるため、インサイドセールスやコールセンターにおける電話発信の効率化と活動量の増加が実現します。

着信ポップアップ

顧客からの着信と同時に、GENIEE SFA/CRMに記録された当該顧客の情報を自動表示します。 取引状況や過去の問い合わせ履歴などを確認しながら案内できるため、スムーズかつ効率的な対応が可能になります。

リンクとジーニーは、今後もシステムの連携を始めとした様々な協業を通じて、営業・コールセンターのDX化を支援するとともに、業務の効率化・高品質化に貢献していくそうです。

進化した電話サービスとSFA/CRMの連携がトレンド

BeMARKE編集部の注目ポイント

インサイドセールスやコールセンター業務においては、成果につなげるためにも多くの業務をこなす必要があるため、それらをいかに効率化できるかが重要な課題です。
同時に、顧客情報の取り扱いに対する正確さが求められるため、ミスを防ぐ仕組み作りが必要です。
そのような業務において、今回のシステム連携は、顧客からの着信と同時に、取引状況や接触履歴などの顧客情報を瞬時に確認でき、架電前の調査から架電後の情報入力までをシームレスに行うことができるという点で、効率的かつミスを防ぐ操作性という2つの面において、架電業務に良い効果をもたらすでしょう。
SFA/CRMとCTI(コンピューター電話統合)の連携は業界のトレンドであるといえます。

例えばBeMARKEでは、企業リストを起点に営業活動を管理できるLEAD PADとインサイドセールス向けの音声解析AI電話サービスMii Telの連携についても解説しています。
合わせてお読みください。
インサイドセールスの生産性向上に期待!音声解析AI電話「MiiTel」が「LEADPAD」とAPI連携を開始


あわせて読みたい

インサイドセールスの生産性向上に期待!音声解析AI電話「MiiTel」が「LEADPAD」とAPI連携を開始

インサイドセールスの生産性向上に期待!音声解析AI電話「MiiTel」が「LEADPAD」とAPI連携を開始

音声解析AI電話サービス「MiiTel(ミーテル)」が、「LEADPAD(リードパッド)」との連携を開始したことを発表しました。これによりLEADPADの画面上から1クリックでMiiTelを起動させ、シームレスに架電業務を行うことが可能となります。

オンライン商談の振り返りを効率化!アンプトークがZoom対応「AI自動要約機能」を開発

オンライン商談の振り返りを効率化!アンプトークがZoom対応「AI自動要約機能」を開発

オンライン商談自動化ツール「アンプトーク」は、Zoomでのオンライン商談の内容を、自動で要約する機能を開発。2022年6月21日(火)から提供開始したことを発表しました。 機能追加による営業活動への影響とは?

営業トークの可視化でオンライン商談の成約率向上に期待。営業AIツール「ACES Meet」が機能をアップデート

営業トークの可視化でオンライン商談の成約率向上に期待。営業AIツール「ACES Meet」が機能をアップデート

営業支援AIツール「ACES Meet」は、話者比率解析機能および、話速解析機能、リアクション解析機能のリリースを発表しました。 これにより、成約・失注要因の分析や、トップ営業パーソンのナレッジの展開、新人営業パーソンの教育や育成における業務の効率化を期待できます。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部
BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター