ニュース解説

オンライン商談の振り返りを効率化!アンプトークがZoom対応「AI自動要約機能」を開発

オンライン商談の振り返りを効率化!アンプトークがZoom対応「AI自動要約機能」を開発

オンライン商談自動化ツール「アンプトーク」は、Zoomでのオンライン商談の内容を、自動で要約する機能を開発。2022年6月21日(火)から提供開始したことを発表しました。
機能追加による営業活動への影響とは?

目次

商談の録画データを自動で書き起こして要約。Salesforceとの連携も

アンプトークは、Zoom MeetingsやDialpad、Zoom Phoneなどを利用したオンラインの商談や架電内容を書き起こし、自動でSalesforceに入力することができるオンライン商談自動化ツールです。

そのほか、独自システムにより、商談の内容を自動解析することで、トーク比率やトーク速度、誰が何をどれくらい話したのかを可視化することができます。

今回、追加された「自動要約機能」は、書き起こした文章から要点をピックアップし、自動で要約し議事録を作成します。 要約された文章は、Salesforceに自動出力が可能です。

この機能により、商談の振り返りを効率的に行うことができ、オンライン商談の成約率向上や、インサイドセールスとフィールドセールスの連携向上といった営業活動全体の効率化を期待できます。

議事録作成時間を短縮。「自動要約機能」の3つの特長とは?

(1)トピックごとの自動要約で、商談の振り返りを効率化

トピックごとに自動要約されることにより、商談内容の振り返りや確認をする際に必要な内容を簡単に抽出することができます。
また、画面上で要約部分がハイライト表示されるため、内容の把握にかかる工数を削減できます。

(2)オンラインミーティングツールと連携し録画するだけで内容を自動要約

自動要約の設定は、アンプトーク導入時にZoom Meetingsと連携するのみ、と簡単に設定できることも特長のひとつです。
設定後は、Zoom Meetingsで録画することで、自動でアンプトークが録画された商談を取得し、AIが自動要約を行います。
そのほか、Zoom PhoneやDialpadといったIP電話にも対応。
それぞれを「アンプトーク」と連携し録音することで、自動要約を行うことができます。

(3)Salesforceとの自動連携により、営業活動の効率化を実現

Salesforceとの連携により、要約された商談内容を自動で出力することができます。
議事録の作成にかかる業務が自動化され、効率的な営業活動が可能に。

オンライン商談の普及でむしろ忙しくなった営業担当者の業務を効率化

オンライン商談の広がりによって、営業担当者は、対面商談の際に移動のためにかかっていた時間を削減できるようになりました。
しかし、それにより業務にゆとりが生まれたというよりも、むしろ多忙になったと感じる営業担当者が多いのではないでしょうか。

対面商談の際の移動時間に、顧客との連絡や議事録をまとめ直すといった業務を行っていた営業担当者は少なくなかったでしょう。

一方で、オンライン商談の機会が増えた現在、商談の前後に予定が入ったり、業務を依頼されたりと、かえって時間の余裕がなくなり、商談の議事録をまとめ直してSFAに登録する作業は後回しになりがちです。

その点、Zoomでのオンライン商談の録画データから要約を自動作成し、Salesforceに出力されるまでを自動化するアンプトークを導入することで、営業担当者の業務の効率化を期待できるでしょう。


あわせて読みたい

営業トークの可視化でオンライン商談の成約率向上に期待。営業AIツール「ACES Meet」が機能をアップデート

営業トークの可視化でオンライン商談の成約率向上に期待。営業AIツール「ACES Meet」が機能をアップデート

営業支援AIツール「ACES Meet」は、話者比率解析機能および、話速解析機能、リアクション解析機能のリリースを発表しました。 これにより、成約・失注要因の分析や、トップ営業パーソンのナレッジの展開、新人営業パーソンの教育や育成における業務の効率化を期待できます。

クラウド営業支援ツール「Senses」が取引先管理における機能アップデートを実施。BtoB企業の営業活動におけるメリットとは?

クラウド営業支援ツール「Senses」が取引先管理における機能アップデートを実施。BtoB企業の営業活動におけるメリットとは?

クラウド営業支援ツール「Senses(センシーズ)」が、取引先管理における機能アップデートの実施を発表しました。 SFA/CRMを運用していく上での情報の入力負荷の削減や様々な営業活動におけるSensesの活用定着といった効果が期待されます。

SFA
イベント管理ツールのEventHubが「擬似ライブ」機能の提供を開始。BtoBマーケにおける擬似ライブ配信の効果的な活用方法とは?

イベント管理ツールのEventHubが「擬似ライブ」機能の提供を開始。BtoBマーケにおける擬似ライブ配信の効果的な活用方法とは?

イベントプラットフォーム「EventHub(イベントハブ)」が、擬似ライブ機能の提供開始を発表しました。 BtoBマーケティングにおける、擬似ライブ配信のメリットと効果的な活用方法とは?

この記事を書いた人

BeMARKE編集部
BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター