ニュース解説

営業トークの可視化でオンライン商談の成約率向上に期待。営業AIツール「ACES Meet」が機能をアップデート

営業トークの可視化でオンライン商談の成約率向上に期待。営業AIツール「ACES Meet」が機能をアップデート

営業支援AIツール「ACES Meet」は、話者比率解析機能および、話速解析機能、リアクション解析機能のリリースを発表しました。 これにより、成約・失注要因の分析や、トップ営業パーソンのナレッジの展開、新人営業パーソンの教育や育成における業務の効率化を期待できます。

目次

独自AIによる営業トークの可視化で、オンライン商談における成約率の向上を支援

東京大学松尾研発のAIスタートアップである株式会社ACESは、ヒトの認識・解析を行うヒューマンセンシング技術をはじめとした画像・映像解析のAIアルゴリズムを用いてヒトの知見を数式化し、リアル産業のDXを推進、独自のアルゴリズムを組み込んだAIソフトウェアサービスを提供しています。

「ACES Meet」は、Zoomでのオンライン商談を録画し、独自AIによる話者ごとの自動書き起こしや重要なシーンの可視化を行うことで、オンライン商談における成約率の向上と、営業にまつわる業務を効率化する、営業支援AIツールです。

営業における成約率の向上においては、成約・失注要因の分析が欠かせません。 「ACES Meet」では、成約・失注の要因として、営業パーソンのトーク内容と話す割合(話者比率)、および話す速度(話速)に着目。

「ACES Meet」の分析によると、「営業担当者が一方的に説明するのみでお客様が話せていない(右の例)」に比べ、 「顧客とのトーク比率のバランスが良く会話のキャッチボールができている(左の例)」の場合は、お客様の課題について議論を深められていることが多く、前者に比べて成約率に大きく差が出ることが判明しています。

機能追加により、営業パーソンの育成とチーム全体の成約率向上に期待

今回の機能リリースでは、「ACES Meet」を活用することで、誰が何を話したかの分析に加え、話の割合や速度についても可視化が可能になりました。 これにより、トッププレーヤーの商談運びを明らかにし、新人営業パーソンの教育・育成の効率化や、チーム全体の成約率を向上さするためのナレッジシェアをより効率的に行えるようになります。

また、表情や動きから感情変化をAIが特定するリアクション解析の機能も同時にリリース。 リアクション解析を用いることで、商談においてリアクションが大きかった点を特定し、営業パーソンが言いよどんだ点や、商談が盛り上がった点などを社内で共有しナレッジとして蓄積することが可能になります。

オンライン商談の振り返りの効率化を実現

近年のオンライン商談の一般化によって、商談を録画することが容易になり、営業パーソンの育成のための活用につながるという、現場の期待の高まりがありました。

しかし、録画データは、どのシーンで重要な話題が出たのか、いつどのような顧客の反応があったのか、映像を見返してみないと内容を把握することが難しいという面があります。 多忙な管理職やリーダーにとっては、録画データの確認に工数がかかり、人材育成のための活用に課題がありました。

オンライン商談における営業トークを可視化できる「ACES Meet」を導入することで、簡単に、重要なシーンの振り返りや営業トークの傾向を把握・分析することができ、営業パーソンの教育・育成の効率化につながることを期待できます。

オンライン商談を行う機会が多く、また、営業パーソンの商談スキルの底上げに課題がある企業にとって、活用に期待が持てるツールといえるでしょう。


あわせて読みたい

ジーニーが、データドリブン経営を実現するBIツール「GENIEE BI」の提供を開始。その特長とは?

ジーニーが、データドリブン経営を実現するBIツール「GENIEE BI」の提供を開始。その特長とは?

マーケティングテクノロジーを活用したサービスを展開する株式会社ジーニーは、企業のデータによる意思決定・事業力強化を促進するBIツール「GENIEE BI」の提供を開始。国産の営業管理ツールを提供するジーニーならではのBIツールの特長とは。

営業成果の最大化と組織力向上を同時に実現する「Sales Square(セールススクエア)」β版の提供開始。今、セールスイネーブルメントが注目される背景とは?

営業成果の最大化と組織力向上を同時に実現する「Sales Square(セールススクエア)」β版の提供開始。今、セールスイネーブルメントが注目される背景とは?

営業活動の見える化から人材の育成までをワンプラットフォームで実現する、営業力強化のためのデータ活用ソリューション「Sales Square(セールススクエア)」β版がリリース。サービスの詳細と、セールスイネーブルメントが注目される背景とは。

SFA
オンライン展示会サービス「CrowdBooth(クラウドブース)」が4月19日より提供開始。 BtoB企業のオンライン展示会開催における課題とは?

オンライン展示会サービス「CrowdBooth(クラウドブース)」が4月19日より提供開始。 BtoB企業のオンライン展示会開催における課題とは?

デジタルマーケのSaaS総称サービス「Cloud CIRCUS」に、オンライン展示会ツール「CrowdBooth(クラウドブース)」が仲間入り。サービスの詳細と今後の展望、BtoB企業がオンライン展示会を活用するためのポイントとは?

この記事を書いた人

BeMARKE編集部
BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター