用語解説

商談

しょうだん

商談とはマーケティング上複数の意味を持つ言葉です。
取引に関する打ち合わせ行動を商談と呼ぶ場合もあれば、顧客が製品購入を検討している状態、つまり案件を商談と呼ぶ場合もあります。さらにひとえに案件といっても、受注確度が低い場合は商談と呼ばない企業もあります。

一言コメント

商談と呼んでいるものが何か、自社内で認識をあわせておくと良いでしょう。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

BtoBマーケティングって何するの?注目される背景や基本の流れを解説

BtoBマーケティングって何するの?注目される背景や基本の流れを解説

BtoBマーケティングの手法は、時代と共に変化しています。本記事では、BtoBマーケティングの概要や、具体的な施策、活用できるツールや、近年のトレンドなどについて紹介していきます。

インサイドセールスとは?テレアポとの違い、実施の効果を解説

インサイドセールスとは?テレアポとの違い、実施の効果を解説

インサイドセールスとは電話やメールなどを用いて行う非対面の営業活動及びその部門です。インサイドセールス導入により見込み客へのアプローチ数や商談・成約率の向上などが期待されます。この記事でインサイドセールスの基礎知識を学びましょう。

SFAとは?CRMとの違いや現場に定着させるためのコツを紹介

SFAとは?CRMとの違いや現場に定着させるためのコツを紹介

BtoBマーケティングの施策を考える上で重要なSFAについて解説。SFAの基本的な意味やSFAの持つ機能、CRMとの違いからSFAを導入する際に選ぶポイントや現場で定着できるコツまで詳しく解説します。

SFA

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター