Web改善ツール選び方ガイド

【2022年版】BtoBマーケにおすすめの
Web改善ツール選び方ガイド!
機能・価格・立ち位置を解説

Web改善ツールの解説

Web改善ツールとは、Webサイトに訪問したユーザーの属性や行動を定量的・定性的に解析することを通して、Webサイト運用における成果の向上を支援するツールです。 ユーザーのWebサイト訪問に至る行動経路や、閲覧履歴、行動履歴などの傾向を定量的な情報から解析するアクセス解析機能や、Webサイトに訪れたユーザーがページ内で取った行動のデータを、色の濃淡でわかりやすく表現したヒートマップを使ったユーザー行動分析などの機能があります。これらの機能を通して、クリック、コンバージョン等の成果を向上させることができます。 製品の種類により、解析できるデータの種類が異なります。 BeMARKEでは以下の4つに分類しています。

  • アクセス解析・改善

    ・ユーザーのWebサイト訪問に至る行動経路や、閲覧履歴、行動履歴などの傾向を解析することで、流入からコンバージョンに至るまでのどこに問題があるのかを把握することができます。

    ・AIもしくはコンサルタントに提案してもらうことで、自社では気づくことができなかった改善すべきポイントを認識・把握することができます。 改善案策定にかかる工数を削減し作業効率を向上させることが可能です。

  • ユーザー体験分析・改善

    ・アクセスログだけでなく、ユーザーのスクロールの動きや次のアクションへの動きなど、一人ひとりのユーザーの動きに着目し、個々人に合わせた施策を実行するための分析、改善を行うことができます。

    ペルソナ分析やカスタマージャーニー分析などの戦略設計から、パーソナライズ配信やレコメンドといった施策の実行、NPSでの満足度調査による評価など、定性分析に基づいた施策のPDCAを回すことが可能です。

  • 定性調査によるコンバージョン最適化

    ・ページごとにどのような課題があるのかをヒートマップなどで計測し、改善につなげることが可能です。

    ・アクセスログでは把握することができない、ページ内でのユーザー行動を可視化できるため、クリック率の向上やCVRの改善につなげることができます。

  • 定量調査によるコンバージョン最適化

    ・ランディングページや問い合わせフォームなど、特定のページに絞った流入状況や離脱状況などを測り、改善を行うことが可能です。

    ・特定のページの解析に絞った機能であることから、ABテストやポップアップ、パーソナライズなど改善機能も充実していることが特長です。

Web改善ツールの比較ポイント

Web改善ツールの比較ポイント

Web分析ツールは、Webサイト内における分析可能な範囲と、定量分析と定性分析のどちらに強みを持つかによってカテゴライズされます。 ポジショニングマップにおける左側に位置する製品群は、主にWebサイト全体を分析し、どのページに課題があるのかを分析する際に役立ちます。 また、右側に位置するほど、特定のページをより詳細に分析する際に役立つツールになります。

マップの縦軸は、定量/定性のどちらの分析に強みを持つかを示しています。 上位に位置する製品群は、定量的な分析に強みを持ち、数値的な根拠を示すための分析データを抽出するのに役立つツールです。 下位に位置する製品ほど、定性的な分析に強みを持ち、ユーザーの特定の行動を分析するのに役立つツールであるといえるでしょう。

ツール選定でお悩みですか?

ツール選びのプロが
Web改善ツールの
選定をサポート

ツール選びのプロがWeb改善ツール選定をサポート

Web改善ツールサービス一覧

あわせて読みたい

BeMARKEナビゲーターが
無料で相談にのります。

  • 自社に合う
    サービスを
    知りたい
  • 施策の
    進め方が
    わからない
  • Webで
    引き合いを
    増やしたい
  • 営業活動の
    DXを
    進めたい
BeMARKEナビゲーター