用語解説

離脱

りだつ

マーケティングにおいての離脱とは、Webサイトを訪問していたユーザーがそのサイトから離れることです。

参照していたWebページを閉じるか、外部サイトへ移動することによって、Google Analyticsなどのアクセス解析ツールでカウントされ、離脱の数値を確認できるようになります。

一言コメント

計測したWebページの離脱数からPV数を割ることで、離脱率を算出できます。離脱率は、そのページを訪れた人数に対してどれくらいの割合で離脱していったかの指標になるため、Webサイトで改善すべきページを把握したい場合に利用されています。ただし、目的が達せられた場合は離脱することが考えられるため、離脱率が高いことが必ずしも悪いという訳ではありません。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

ファネルとは?BtoBマーケティングでの活用方法を解説

ファネルとは?BtoBマーケティングでの活用方法を解説

「ファネル」とは認知から購買に至るまでのフェーズと人数を示した図を指します。この記事では、マーケティング担当であれば押さえておきたいファネルの意味や有効性、ファネル分析に使えるツールなどを解説していきます。

リードジェネレーションとは?手法やナーチャリングとの関係も解説

リードジェネレーションとは?手法やナーチャリングとの関係も解説

リードジェネレーションとは、リード獲得のための取り組みのことです。この記事では、リードジェネレーションの意味や手法、注意点などを解説します。似たようなマーケティング用語リードナーチャリングとの関係もあわせてお伝えします。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター