ニュース解説

人工知能がWebサイトを評価する「B2BトップページAI診断」を無料提供開始

人工知能がWebサイトを評価する「B2BトップページAI診断」を無料提供開始

データ分析ツール「AI アナリスト」でマーケティングDX を自動化する株式会社WACULは、Webサイト全体を人工知能がチェックし、トップページが成果を出すポイントを押さえているかを判定する「B2BトップページAI診断」をリリースしたことを発表しました。

目次

Webサイトのトップページが理想的なUIになっているかを自動判定

WACULは、AIアナリストに連携された36,000超のサイトアクセスデータおよび12,000超の改善PDCAデータを元にサイト種別ごとに成果を出すための勝ちパターンを研究開発しています。そのなかでも、WebサイトのUIはおおむね勝ちパターンが決まっていますが、いまだにそれらが実装されていないWebサイトが多く存在しています。

AIアナリスト導入企業にはWACULのコンサルタントが改善方針を提案しているものの、人力では改善できるWebサイトに限りがあるため、WACULではWebサイトのUI(ユーザーインターフェース)が勝ちパターンに沿っているかの判定自動化に取り組んできたそうです。

今回はそのファーストステップとして、BtoB企業のWebサイトのトップページが理想的なUIになっているかを自動判定する「B2BトップページAI診断」を開発し、無料提供を開始しました。

「B2BトップページAI診断」の機能とは

BtoBサイトのトップページのURLを入力すると、お客様のWebサイトのトップページが成果の出る理想的なUIになっているかをAIが自動で判定します。

AIがトップページの情報を取得し、勝ちパターンに適合しているかを自動で判定します。判定結果は「合格」「不合格」のいずれかが表示されます。

分析結果表示の際には、WACULの提唱する勝ちパターンに沿っていないとAIが判断する点について、「改善すべきポイント」として提示します。

主な取得情報

ページ内のパーツ(DOM要素)について、主に以下の情報を収集します。

  • <img> や <h1> 等のHTMLタグ情報
  • 位置やサイズ等のスタイル情報
  • テキスト情報
  • リンク先が指定されている場合、そのURL文字列

「勝ちパターン」の判定観点

  • ファーストビューにCVポイントへの誘導導線が設置されているか(もしくは入力フォームが大きく露出されているか)
  • 上記の誘導がユーザーに目立つUIで設置されているか
  • CVへの誘導文言とCV誘導導線(ボタンの文言等)の文脈がそろっているか

今後、アルゴリズムの見直しや学習データを増やすことで、さらに精度の高い判定ができるようになる見込みです。

「B2BトップページAI診断」の活用方法

現在、コンサルタントが顧客のWebサイトを見て、理想的なUIになっているかを判定しているところを、「B2BトップページAI診断」を利用することで顧客自身がトップページを改善することができるようになります。今後、「B2BトップページAI診断」のアルゴリズムを「AIアナリスト」に組み込むことを予定しているそうです。

今回のリリースでは「BtoBサイトのトップページ」という限定的な領域のみに対応していますが、今後はBtoBサイトの他のページや他のサイト種別にも対応できるよう開発を進めていくとのことです。

また、本取り組みは自然言語処理技術等をウェブページ分析技術へと応用している点が特長です。将来的には、自動判定に加えて理想的なページUIまで自動で提案できるようなシステム開発を検討しているそうです。

ツール活用によりWebサイトの分析・改善業務を効率化

BeMARKE編集部の注目ポイント

BtoB企業がWebサイトを改善し理想のUIを実現したいと考えた場合、社内に専門的知識を持つ人材やリソースが不足しているなどの理由から、外部のコンサルタントなど、経験とノウハウを持つ専門家やWeb制作会社に頼らざるを得ないという状況も少なくないでしょう。
今回の「B2BトップページAI診断」のリリースによって、「Webサイトの理想的なUI」が実現できているかどうかを、コンサルタントに頼らずとも、ユーザー自身が判断し、Webサイトの改善点を簡単に把握できるという点が大きなメリットです。
また、ツールを活用し基本的な分析を行った上で、より複雑な分析や改善策の検討に時間を使うことができるようになる点で、Web担当者や分析担当者にとってもメリットがあるといえるでしょう。
現状ではシンプルな条件のみ対応できる分析ツールですが、今後の機能アップデートによるさらなるWebサイトの分析効率の向上に期待です。

※参考 URL:業界初、人工知能がサイトを評価する「B2BトップページAI診断」を無料提供開始。URL入力をするだけで、AIが「合格」「要改善」を1分で判定、改善点も提案。

https://diagnose-b2b.wacul-ai.com/top-page/

※BtoBサイト以外のWebサイト(例: ECサイト)やトップページ以外を入力すると正しい判定結果が出力されない可能性があります。


この記事で紹介されたサービス

AIアナリスト
AIアナリスト

AIがWebサイトを分析。AIアナリストは、アクセス解析を⾃動で⾏い重要なポイントを教えてくれるツールです。

あわせて読みたい

検討したい関連サービス

AIアナリスト

AIアナリスト

AIがWebサイトを分析。AIアナリストは、アクセス解析を⾃動で⾏い重要なポイントを教えてくれるツールです。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部
BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター