用語解説

インターフェース

いんたーふぇーす

インターフェースとは、直訳すると「接点」や「接触面」を意味しており、2つの異なるハードウェアやソフトウェアなどを接続するための機能やシステムを指します。

ハードウェア同士をケーブルで接続する電気信号や規格をハードウェアインターフェース、ソフトウェア同士を接続する手順や仕組みをソフトウェアインターフェース(代表的なものにAPI)、ソフトウェアとユーザーの接点となる入力装置や操作画面などをユーザーインターフェースと呼びます。

一言コメント

インターフェースという言葉は広い範囲を含んでいます。Webサイトやアプリケーションなどのユーザーインターフェースについて触れる場合は、ユーザー視点での画面のデザイン性、操作性、扱いやすさなどの話である場合が多くなっています。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

BtoBマーケティングって何するの?注目される背景や基本の流れを解説

BtoBマーケティングって何するの?注目される背景や基本の流れを解説

BtoBマーケティングの手法は、時代と共に変化しています。本記事では、BtoBマーケティングの概要や、具体的な施策、活用できるツールや、近年のトレンドなどについて紹介していきます。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター