用語解説

API

えーぴーあい

APIとは、Application Programming Interface(アプリケーション ・プログラミング・インターフェース)の略語です。
アプリケーションソフトやWebサービスなどが、自らの機能を外部のサービスからでも利用できるようにした接続の仕組み、またはそのルールを指します。

マーケティングにおいても、さまざまなサービス同士でAPIの機能連携が可能になっています。例えば、MAとSFA/CRMがAPI連携することで、Webフォームで獲得したメールアドレスや部署などの個人情報をSFA/CRMに即座に反映させることができます。そのおかげで、ほぼリアルタイムのデータ連携が実現し、最新情報に基づくマーケティング施策を実行できているのです。

一言コメント

マーケティング活動において、細かいニーズに応えてくれるサービスの増加にともない、マーケターが扱うツールの数も増えています。複数のツールを活用するうえで、異なるサービスを連携させることができるAPIのデータ連携は欠かせません。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

案件化前の顧客はどこで管理する?MA・SFAの運用を考える際の見落としたくないポイント

案件化前の顧客はどこで管理する?MA・SFAの運用を考える際の見落としたくないポイント

MA・SFAの効果的な運用を見据えて導入するツールを検討する際に、各ツールの細かい機能と同じくらい見落としてはいけない軸があります。それは、「案件化前の見込み客(リード)をどこでどのように管理するのか」という点です。 今回はこの点について、なぜ重要な視点なのか、ツールによりどういった違いがあるのか解説します。

MA

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター