ニュース解説

営業成果の最大化と組織力向上を同時に実現する「Sales Square(セールススクエア)」β版の提供開始。今、セールスイネーブルメントが注目される背景とは?

SFA
営業成果の最大化と組織力向上を同時に実現する「Sales Square(セールススクエア)」β版の提供開始。今、セールスイネーブルメントが注目される背景とは?

株式会社プラスアルファ・コンサルティングは、営業活動の見える化から人材の育成までをワンプラットフォームで実現する、営業力強化のためのデータ活用ソリューション「Sales Square(セールススクエア)」β版の提供開始を発表しました。サービスの詳細と、今、セールスイネーブルメントが注目される背景とは。

関連記事:セールス・イネーブルメントの第一人者に聞く、BtoB企業が営業組織を強くするためにできること

目次

営業支援✕人材の見える化によって営業力を強化する、データ活用ソリューション

「Sales Square(セールススクエア)」は、営業支援ツールとしての機能に加え、各営業担当のスキルを可視化することで組織力向上につなげることもできる、営業力を強化するためのデータ活用ソリューションです。
営業支援ツールとしては、営業活動での顧客・案件管理から、営業KPI管理、営業日報管理までを行い、商談マネジメントに必要な情報を集約し、市場ニーズや受注失注理由、競合他社の動きを見える化します。

また、各営業担当の営業スキル、実績、評価などの時系列変化をデータに蓄積することで、社員のスキルや得意・不得意分野を可視化し、人材育成やチームビルディングに活かすことができます。

Sales Square(セールススクエア)サービス全体イメージ

日報などの定性データをテキストマイニング技術で見える化し分析

「Sales Square(セールススクエア)」では、営業日報や案件管理に日々登録され蓄積されるテキスト情報を、テキストマイニング技術で分析し、顧客からの要望や市場ニーズ、競合他社の動きや、失注受注理由などを可視化することができます。
今までの営業日報や案件管理だけでは見える化しづらかった、競合分析や自社の強み・弱みを把握し戦略立案に活かすことが可能に。

営業担当者の育成とチームビルディングなど、組織全体のパフォーマンス向上も支援

プラスアルファ・コンサルティングが提供しているタレントマネジメントシステム「タレントパレット」の機能を活かし、「Sales Square(セールススクエア)」には、営業担当のスキルの見える化、モチベーション管理などのタレントマネジメント機能も搭載。
日報や面談、目標設定や評価などのテキスト情報を、テキストマイニング技術で分析・把握することで、人材育成やチームビルディングに活かすことができます。
データに基づいた効果的なマネジメント体制の実現により、人材育成と組織全体のパフォーマンス向上を支援します。

BtoBマーケティングにおいて「セールスイネーブルメント」が注目される背景とは

セールスイネーブルメント(Sales Enablement)とは、「成果を出す営業社員を輩出し続ける人材育成の仕組み」のこと。(※)
テクノロジーを活⽤することで営業施策や成果を数値化し、恒常的に、成果を出せる営業組織を育成することを目的とした考え方です。

セールスイネーブルメントが注目されている理由のひとつは、属人的になりがちな営業活動を可視化し、営業組織として再現性のある取り組みによって成果アップが期待できるためです。
顧客情報や商談の履歴など営業活動にまつわる情報をデータ化し分析、数値化することで属人性を取り除き、組織としての営業力を強化することができます。

また、顧客のニーズを明確につかむためにも、セールスイネーブルメントの取り組みによって、営業とマーケティングが連携し、リード獲得から商談・契約までを一気通貫で管理し最適化していくことが期待されています。
そのためにも、MA、SFA/CRMなどの顧客管理ツールを活用しかつ連携させていくことが重要なポイントと言えるでしょう。

また、営業組織における人材育成についても、営業現場で得られる知見を収集し分析、見える化することで、組織力を向上させることができます。

今後、人材育成・能力開発の分野のデジタル化が進むことにより、セールスイネーブルメントの取り組みの精度向上が期待できるでしょう。


あわせて読みたい

セールス・イネーブルメントの第一人者に聞く、BtoB企業が営業組織を強くするためにできること

セールス・イネーブルメントの第一人者に聞く、BtoB企業が営業組織を強くするためにできること

日本におけるセールス・イネーブルメントの第一人者・株式会社R-Square & Company代表取締役社長の山下貴宏氏に、BeMARKEナビゲーターの山下航希がインタビューを行った特別企画の記事です。

BeMARKEナビゲーターが注目 脱・営業の属人化。組織で成果を出すセールス・イネーブルメントへの期待

BeMARKEナビゲーターが注目 脱・営業の属人化。組織で成果を出すセールス・イネーブルメントへの期待

BtoBビジネスの課題解決を支援するナビゲーターが、最近感じているBtoBマーケティングの課題やセールス・イネーブルメント導入のヒントについて語るインタビュー記事です。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部
BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター