用語解説

セールスイネーブルメント

せーるすいねーぶるめんと

セールスイネーブルメントは、直訳すると「営業の有効化」です。
企業が優秀な営業社員を継続的に輩出・雇用できるようにした人材育成の仕組みのことで、採用活動から、研修、営業プロセスの見直し、営業ツールによるデータの活用など、営業社員のあらゆる業務が取り組みの対象になります。

SFA/CRMやMAなどのツール普及により、獲得したリード(見込み顧客)の増加に対応しなければならない企業は、営業の効率化のためにセールスイネーブルメントに注目し始めました。セールスイネーブルメントによって、企業は個人の裁量によらない安定した営業力を確保し、継続的な成果を上げられるようになります。

一言コメント

セールスイネーブルメントは、本気で取り組まなければ結果を出せません。効果を上げるためには、セールスイネーブルメントを担当する専門のチームを発足するなどして、長期的な目線で営業プロセスの改善に取り組む必要があります。また、営業を効率化させるために、顧客情報や案件進捗を管理できるSFA/CRM・MAなどのツール導入も必須です。まずは、実施のための体制づくりから始めましょう。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

Sansanが「営業を強くするデータベース」へプロダクト刷新。機能強化のポイントとは?

Sansanが「営業を強くするデータベース」へプロダクト刷新。機能強化のポイントとは?

Sansan株式会社が、クラウド名刺管理サービス「Sansan」を営業DXサービス「Sansan」へとコンセプトを刷新し、「営業を強くするデータベース」としての機能強化を行うことを発表しました。注目すべき機能強化のポイントとは。

営業成果の最大化と組織力向上を同時に実現する「Sales Square(セールススクエア)」β版の提供開始。今、セールスイネーブルメントが注目される背景とは?

営業成果の最大化と組織力向上を同時に実現する「Sales Square(セールススクエア)」β版の提供開始。今、セールスイネーブルメントが注目される背景とは?

営業活動の見える化から人材の育成までをワンプラットフォームで実現する、営業力強化のためのデータ活用ソリューション「Sales Square(セールススクエア)」β版がリリース。サービスの詳細と、セールスイネーブルメントが注目される背景とは。

SFA
営業活動を進め商談機会を生み出すクラウド「LEADPAD(リードパッド)」が正式リリース。BtoBマーケティングにおける営業リスト作成の重要性とは

営業活動を進め商談機会を生み出すクラウド「LEADPAD(リードパッド)」が正式リリース。BtoBマーケティングにおける営業リスト作成の重要性とは

営業活動プラットフォーム「LEADPAD(リードパッド)」は「顧客育成に注力できるプラットフォーム」としてコンセプトを新たに正式リリースしたことを発表しました。 BtoBマーケティングにおける、営業リスト作成のメリットと効果的な活用方法とは?

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター