用語解説

インサイドセールス

いんさいどせーるす

インサイドセールスとは、電話やメールなどを利用し、見込み顧客に非対面で営業活動を行うことや、その部門を指します。

マーケティング部門から引き継いだ見込み顧客の情報をもとに、電話やメールで個別アプローチを行い、製品に対するニーズの段階を探ります。
受注の可能性が高いと判断した見込み顧客には、直接オンライン商談を行ったり、外勤営業(フィールドセールス)に見込み顧客を引き継いだりと、営業を効率化し成約率を向上させるための活動を行います。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

一言コメント

BtoBマーケティングを分業体制を取ることで効率化する場合、インサイドセールスはマーケティング部門と営業部門(フィールドセールス)の中間に位置し、2部門の間でリードの受け渡しを調整します。そのため、2部門と連携することを前提に、引き継ぐ条件についてすり合わせが必要です。営業部門の手が空いているときには引き継ぐレベルを落とすなど、状況に応じたアクションをあらかじめ細かく設定しておかなければなりません。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

インサイドセールスとは?テレアポとの違い、実施の効果を解説

インサイドセールスとは?テレアポとの違い、実施の効果を解説

インサイドセールスとは電話やメールなどを用いて行う非対面の営業活動及びその部門です。インサイドセールス導入により見込み客へのアプローチ数や商談・成約率の向上などが期待されます。この記事でインサイドセールスの基礎知識を学びましょう。

営業トークの可視化でオンライン商談の成約率向上に期待。営業AIツール「ACES Meet」が機能をアップデート

営業トークの可視化でオンライン商談の成約率向上に期待。営業AIツール「ACES Meet」が機能をアップデート

営業支援AIツール「ACES Meet」は、話者比率解析機能および、話速解析機能、リアクション解析機能のリリースを発表しました。 これにより、成約・失注要因の分析や、トップ営業パーソンのナレッジの展開、新人営業パーソンの教育や育成における業務の効率化を期待できます。

オンライン商談の振り返りを効率化!アンプトークがZoom対応「AI自動要約機能」を開発

オンライン商談の振り返りを効率化!アンプトークがZoom対応「AI自動要約機能」を開発

オンライン商談自動化ツール「アンプトーク」は、Zoomでのオンライン商談の内容を、自動で要約する機能を開発。2022年6月21日(火)から提供開始したことを発表しました。 機能追加による営業活動への影響とは?

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター