用語解説

CTI

しーてぃーあい

CTIとは「Computer Telephony Integration」の略語です。コンピューターと電話・FAXなどを統合することで、コールセンターなどの業務効率化を図るシステムをいいます。

SFA/CRMなどのツールと連携して利用することで、電話番号から即座に顧客情報を呼び出し、顧客との過去のやり取りなどを確認しながらの顧客対応が可能になります。

一言コメント

BtoBマーケティングにおいても、インサイドセールスやカスタマーサクセスの現場にCTIを取り入れることで、顧客情報を可視化し、効率的な業務が可能です。ただし、導入にあたっては自社が利用しているSFA/CRMと連携可能なCTIを選ぶ必要があります。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

インサイドセールスとは?テレアポとの違い、実施の効果を解説

インサイドセールスとは?テレアポとの違い、実施の効果を解説

インサイドセールスとは電話やメールなどを用いて行う非対面の営業活動及びその部門です。インサイドセールス導入により見込み客へのアプローチ数や商談・成約率の向上などが期待されます。この記事でインサイドセールスの基礎知識を学びましょう。

SFAとは?CRMとの違いや現場に定着させるためのコツを紹介

SFAとは?CRMとの違いや現場に定着させるためのコツを紹介

BtoBマーケティングの施策を考える上で重要なSFAについて解説。SFAの基本的な意味やSFAの持つ機能、CRMとの違いからSFAを導入する際に選ぶポイントや現場で定着できるコツまで詳しく解説します。

SFA

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター