ニュース解説

営業効率化を支援する、クラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」がサービス開始

営業効率化を支援する、クラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」がサービス開始

noco株式会社は、営業資料やホワイトペーパー、製品カタログなどのPDFファイルをアップロードするだけで、顧客とURLによる資料の共有ができ、資料の閲覧分析や資料上から直接、チャットによる接客ができるクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」の提供開始を発表しました。

目次

“ファストセールス”を実現する「nocoセールス」

クラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」は、営業資料や製品カタログ、会社案内などのPDFファイルだけで、オンラインによる集客と接客、顧客管理をワンストップで実現するクラウドサービスです。

従来、PDFファイル化された営業資料やホワイトペーパー、製品カタログ、会社案内を顧客に送付する場合は、メールによるファイル共有を行う必要がありました。「nocoセールス」ではPDFファイルをアップロードすると、資料閲覧のURL(※)が作成されるため、URLを顧客と共有するだけで、パソコンやスマートフォン、タブレットで閲覧できます。

そのため、資料ファイルのダウンロードやファイル保管などの手間やコストがかかりません。

また、PDFファイルを共有するだけでは開封の有無やどのページをどれくらい閲覧したのか把握することは困難でした。

「nocoセールス」による資料共有では、顧客がどの資料をどれくらい閲覧しているかが分かる閲覧分析機能や資料上での行動履歴に応じた自動通知機能により、顧客ごとの興味や関心をリアルタイムで把握でき、短期間でロイヤルティの高い顧客を絞り込むことができます。

資料を閲覧している顧客に対して、チャットによる営業アプローチができることに加え、日程調整ツールと連携することで、資料上で商談に関するアポイントの設定が行えるなど、効率的な顧客獲得を実現します。

さらに、会社名や担当者名、連絡先をはじめ、顧客とのチャットメッセージ、顧客に対するメモなど、顧客カルテとして情報を集約できます。

※URL:インターネット上のWebサイトやファイルの位置や情報などのリソースを示すもの

「nocoセールス」5つの特長

(1)PDFファイルの資料をURL共有、チャットによるクイックな接客を実現

営業資料やホワイトペーパー、会社案内などのPDFファイルをアップロードするだけで、オンラインで閲覧できる資料に変換できます。

資料の表示画面にチャット機能を搭載しているため、顧客は資料を閲覧しながらその場で、質問・お問い合わせといったチャットによるコミュニケーションが可能です。

(2)資料にポップアップバナー・商談アポイントを自動で表示し、営業機会を創出

資料上に、イベントやキャンペーン情報の案内をポップアップ形式のバナーで自動表示する機能や日程調整ツールとの連携により、顧客に対して商談機会を促すアポイント機能を搭載。

資料の閲覧者に対して、さまざまな営業機会を創出します。

(3)資料の閲覧状況をリアルタイムで通知

資料の開封や閲覧状況、行動履歴、チャットメッセージをリアルタイムで通知するため、興味関心が高い顧客に対して素早く、適切な接客が可能です。

(4)資料の閲覧状況や行動履歴をグラフとデータで表示

資料ごとに、どのページを何回・何時間くらい閲覧されているかをビジュアルで表示。資料ごとの利用状況をはじめ、どの顧客がどのページに記載されているコンテンツに興味や関心があるのかを把握できます。

(5)営業資料やホワイトペーパーをまとめた資料専用サイトをノーコードで作成

複数の営業資料やホワイトペーパーをまとめた資料専用のWebサイトが、エンジニアやデザイナーによる製作コストを必要とせず、誰でも簡単にノーコードで作成できます。

「nocoセールス」は、営業の人材不足に直面している組織でも、短いサイクルで効率的な営業活動、“ファストセールス”を推進するため、今後も顧客獲得に寄与するさまざまな機能の提供を予定しているそうです。

資料共有の手間を省き、効率的な営業活動を実現

BeMARKE編集部の注目ポイント

BtoBマーケティング、営業の現場では、ホワイトペーパーや製品資料、提案書など、PDF資料を用いた情報共有の機会が多くあります。
その際、メール送信や資料ファイルのダウンロード、ファイル保管などの手間やコストがかかっていました。
MAを活用する際も、PDF資料をリンクで共有することができても、その閲覧状況を詳細に計測することは難しいでしょう。

「nocoセールス」では、PDF資料の詳細な閲覧状況を計測できることに加えて、そのデータのレポート化や、チャットや日程調整ツールを用いた顧客対応をスピーディーに行うことが可能です。
顧客の細かなニーズに合わせた営業活動を実現することができ、また、データに基づき資料を改善することができるという点で、効率的かつ戦略的な営業活動やマーケティングの実現に役立つツールであるといえるでしょう。


あわせて読みたい

この記事を書いた人

BeMARKE編集部
BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター