基本ノウハウ

MAに関するセミナーを見るならこの会社 -情報収集に役立つセミナー情報まとめ(14社掲載)-

MA
MAに関するセミナーを見るならこの会社 -情報収集に役立つセミナー情報まとめ(14社掲載)-

MA(マーケティングオートメーション)の情報収集方法の1つとしてセミナーへの参加があります。特定テーマの体系的にまとめられた情報を決められた時間で収集できること、ライブ開催であればさらに、その場で聞きたいことが聞ける点がセミナー参加のメリットです。

今回は、主要なMAベンダーが開催しているセミナーの概要を紹介します。

目次

1.代表的なMAベンダーのセミナー紹介

MAに関するセミナーは、主要ベンダー企業を中心に毎月1回以上のペースで定期的に開催しています。また、必要情報を入力することでオンデマンド配信や、セミナーの講演資料を提供しているベンダーもあるため、時間に制限されず情報収集ができる場合もあります。

今回、紹介するセミナー情報は、主に定期的に複数のテーマで開催しているベンダーのものを中心に抜粋しています。各社セミナーの概要ページ(URL)、特徴、オンデマンド配信や見逃し配信の有無、具体的なプログラム例と時間などをまとめています。ぜひ、参加するセミナー選びの参考にしてみてください。

※情報は2022年7月15~20日調査時点。各社紹介情報内で掲載している画像は、各社のセミナー情報ページより引用しています。

【1】Adobe Marketо Engage(アドビ株式会社 )

【セミナー情報ページ概要】
https://jp.marketo.com/events/seminar/

【主な開催テーマジャンル】
MA基礎知識、機能活用、導入事例、マーケティングトレンド、マーケティングノウハウ

【特徴】
・マーケターや営業、インサイドセールスを対象としたセミナーを定期的に開催 
・教育、医療、不動産、ホテル・レジャーなど特定業界向けの活用事例セミナーを開催
・セミナー情報ページでは主催セミナーに限らず、アドビ社が協賛または登壇するセミナーの情報も公開

【オンデマンド配信・見逃し配信】
・アーカイブとして過去のセミナー動画や講演資料が豊富。25コンテンツを公開中(7月15日時点)

【具体的なプログラム例と時間】
【DXをツール導入で終わらせない】法人営業におけるDXを成功させるためのポイント/60分
・アドビが実践 - 真の顧客体験を実現するコミュニティとは?/60分
・マーケティングオートメーション基本の「き」/60分
・MA導入企業向け - 失敗と教訓から学ぶ 活用成功のカギ/60分
・マーケティングオートメーション活用と導入検討のポイント/60分

■関連記事
 ・ユーザーコミュニティの活性化とコンサルの徹底したサポートにより、ユーザーのMA活用を実現【Adobe Marketo Engage】

【2】SHANON MARKETING PLATFORM(株式会社シャノン)

【セミナー情報ページ概要】
https://www.shanon.co.jp/seminar/

【主な開催テーマジャンル】
機能活用、導入事例、マーケティングノウハウ

【特徴】
・顧客の導入事例に限らず自らのサービスを使いこなして成果をあげているシャノンの事例を紹介
・「検討期間がなが~い商材むけ、失敗しないリードナーチャリング実践方法」をはじめ、具体的な顧客の課題にフォーカスしたセミナーも開催
・12時からの時間帯で開催するセミナーも多数

【オンデマンド配信・見逃し配信】
・申し込み特典として、開催日から一週間の見逃し配信を視聴できる)

【具体的なプログラム例と時間】
マーケティングオートメーション活用実践セミナー リード獲得編/30分
・メールナーチャリング実践講座/40分
・検討期間がなが~い商材むけ、失敗しないリードナーチャリング実践方法/40分
・マーケティングオートメーション活用実践セミナー リードナーチャリング編/40分
・BtoBマーケティング活動計画のたてかた/40分

■関連記事
 ・ユーザーの課題に即時対応できるカスタマーサポートが強み。専任コンサルによるマーケ施策全体のサポートも【SHANON MARKETING PLATFORM】

【3】BowNow(クラウドサーカス株式会社)

【セミナー情報ページ概要】
https://bow-now.jp/media/seminar_information/

【主な開催テーマジャンル】
機能活用、マーケティングノウハウ

【特徴】
・「ユーザー限定」の勉強会や説明会、活用セミナーなどサポートの一貫として開催するセミナーが充実
・メールマーケティングやホワイトペーパーなど基礎から応用まで学べるセミナーがある
・個人情報保護法の改正についての勉強会や名刺活用講座など周辺・予備知識が身につくセミナーもある

【オンデマンド配信・見逃し配信】
なし

【具体的なプログラム例と時間】
忙しい営業担当、初級マーケターにBowNowが選ばれる理由とは?/45分
・改正個人情報保護対応ツール『CloudCIRCUS"CMP"』ご紹介セミナー/30分
・リード獲得するためのWebサイトとは~今すぐできるSEO対策教えます~/90分
・勉強会:メールマーケティング講座初級編 ~初めてのメール施策で成果を出すコツのご紹介~/120分
・[ユーザー限定]基礎講習~基本的な操作、用語や機能について~/60分

■関連記事
 ・最短で成果につなげる「クイックウィン」の取り組みで、ユーザーのMA活用を促進【BowNow】

【4】Marketing Cloud Account Engagement(株式会社セールスフォース・ジャパン)

【セミナー情報ページ概要】
https://cs.salesforce.com/events?filter=true&product=&category=&region=JP&language=jp&type=&search=&startDate=&endDate=&dateSpan=null
※日本語ページ

【主な開催テーマジャンル】
機能活用、導入事例、マーケティングトレンド、その他

【特徴】
・主催、共催セミナーなどアーカイブ含め140以上のセミナー・動画情報がそろう
・マネジャー向け、システム管理者向けなど利用者にフォーカスした課題解決セミナーがある
・ユーザー限定の勉強会や相談会がある

【オンデマンド配信・見逃し配信】
・あり。ページ下部の「Load  More Events」を何度か押すと過去開催の動画情報が出てくる

【具体的なプログラム例と時間】
Marketing Cloud Engagement勉強会〜Content Builder入門/90分
・Marketing Cloud Engagement:サクセスマップワークショップ#1 最近のマーケティング事情/90分
・Marketing Cloud Engagement〜事例共有/機能活用事例/120分
・Premier活用相談室~Account Engagement(旧 Pardot)/40分
・はじめようAccount Engagement(旧 はじめようPardot)/60分

■関連記事
 ・MA導入から効果創出に至る「ジャーニー」を提示しサポート。ユーザーコミュニティ活用でマーケ施策を加速【Account Engagement】

【5】サスケ(株式会社インターパーク)

【セミナー情報ページ概要】
https://works.saaske.com/webinar/

【主な開催テーマジャンル】
機能活用、導入事例、その他

【特徴】
・新たな機能をリリース後、ユーザーがスムーズに活用できるよう解説セミナーを開催
・業務効率化、IT化・DX化推進など、中小企業を支援する特定テーマのセミナーも開催

【オンデマンド配信・見逃し配信】
なし

【具体的なプログラム例と時間】
サスケWorksオフィシャルパートナー募集!説明会/35分
・採用、人事評価!悩んでいたDX推進を一気に解決!~それ、システムに任せませんか?~/90分
・サスケWorks 新機能紹介ウェビナー CSV/Excelファイルのダウンロード設定のリセット機能/30分
・サスケWorks 新機能紹介ウェビナー iOS/Androidアプリ アップデート/90分
・『サスケWorks、kintone、Googleスプレッドシート』3種の活用事例から紐解く、中小企業がIT化を失敗しないためのポイント&ツール選び!/45分

■関連記事
 ・使いやすいシステムと一気通貫のサポート体制でMAの活用を促進させる【クラウドサービスサスケ】

【6】Kairos3(カイロスマーケティング株式会社)

【セミナー情報ページ概要】
https://www.kairosmarketing.net/seminar

【主な開催テーマジャンル】
機能活用、導入事例、マーケティングノウハウ

【特徴】
・MA入門や自社セミナーの作り方、メールマーケティングなど毎週開催のセミナーもあるため、参加の都合がつけやすい
・営業戦略やDXなどマーケターの知見を高めるセミナーも開催

【オンデマンド配信・見逃し配信】
あり

【具体的なプログラム例と時間】
コロナ後を生き抜く攻めの営業戦略/60分
・【毎週開催】活用イメージが持てるマーケティングオートメーション入門セミナー~/不明
・【毎週開催】集客できる。商談につながる。自社セミナーの作り方講座/不明
・【オンデマンド配信】事例で学ぶオウンドメディア運営と記事制作セミナー/不明
・「見込み客を見つけて育てる秘訣教えます」セミナー/不明

【7】SATORI(SATORI株式会社)

【セミナー情報ページ概要】
https://satori.marketing/events/

【主な開催テーマジャンル】
MA基礎知識、機能活用、導入事例、マーケティングノウハウ、マーケティングトレンド

【特徴】
・MAの基礎知識から「SATORI」の紹介までを行う無料紹介セミナーを毎週開催
・セミナー情報ページでは主催セミナーに限らず、サトリが協賛または登壇するセミナーの情報も公開
・「営業&マーケティング部門の脱Excel実録秘話」をはじめ課題解決の実践事例紹介のセミナーもある

【オンデマンド配信・見逃し配信】
あり

【具体的なプログラム例と時間】
【ご契約者様限定/オンライン開催】 SATORIユーザー会 分科会〜MA活用によるセールス強化〜/175分
・【今こそ知りたい! MAツールのススメ~オンラインで新規顧客開拓を実現する「SATORI」徹底解説セミナー~/120分
・BtoB新規顧客の開拓から商談を勝ち取る ~各プラットフォーマーが実践した事例とは~/75分
・【オンデマンド配信】マーケティングを組織に根付かせるには/50分
・おさえておきたい! 勝てるインサイドセールス立ち上げの秘訣~年間4,000商談を創出する、MA活用テクニック大公開~/60分

【8】List Finder(株式会社Innovation & Co.)

【セミナー情報ページ概要】
https://promote.list-finder.jp/seminar/

【主な開催テーマジャンル】
MA基礎知識、機能活用、導入事例、マーケティングノウハウ、その他

【特徴】
・メールマーケティングや営業効率化、リスト活用、顧客育成の方法など、具体的な事例を交えたノウハウを紹介する
・「本当に成果出てる? MAツールの“失敗あるある”と、その対策」のように失敗事例の紹介もある
・BtoB企業向けのほか、「経営層向け」などターゲットを細分化したセミナーテーマもある
・中小企業向けのMA導入、活用セミナーもある

【オンデマンド配信・見逃し配信】
なし

【具体的なプログラム例と時間】
BtoB企業必見!読まれるメールの作り方講座/不明
・商談・受注最大化のために、マーケとインサイドセールスが取り組むべき“協働”3つのポイント/60分
・まずはここから始めよう!リードナーチャリングで使えるコンテンツの作り方/60分
・経営層向け【はじめてのセールスDX】/60分
・【徹底解説】中小企業で成果を上げるマーケティングオートメーションのはじめ方/60分

【9】ferret One(株式会社ベーシック)

【セミナー情報ページ概要】
https://ferret-one.com/seminar

【主な開催テーマジャンル】
機能活用、導入事例、マーケティングトレンド、マーケティングノウハウ

【特徴】
・BtoBマーケティングに関するテーマを取り扱った無料Webセミナーを毎週開催
・各セミナーの詳細ページでは、スライド資料の一部も公開し、事前に内容をイメージしやすい

【オンデマンド配信・見逃し配信】
なし

【具体的なプログラム例と時間】
BtoBマーケティング・ステップアップセミナー/60分
・BtoBマーケティング実践セミナー/60分
・Webからのお問い合わせを増やす、5つのポイント/60分

【10】Dr.Marketing®(株式会社アイアンドディー)

【セミナー情報ページ概要】
https://www.iad.co.jp/event/

【主な開催テーマジャンル】
MA基礎知識、機能活用、導入事例、マーケティングノウハウ、その他

【特徴】
・アーカイブは記事+埋め込み動画で紹介されており、資料や口頭で話したどこが重要だったのかをテキスト情報で分かりやすく説明している
・ABMと関連させたセミナーテーマが多い
・アーカイブのセミナー動画の視聴には必要情報の入力が不要

【オンデマンド配信・見逃し配信】
あり

【具体的なプログラム例と時間】
コロナ禍で成功する BtoB マーケティング手法 Vol.5 ABM+インサイドにおけるMAツール徹底活用 #1/60分
・コロナ禍で成功する BtoB マーケティング手法 Vol.4 ABM攻略セミナー コンタクト発掘 & アポイント設定編/60分
・コロナ禍で成功する BtoB マーケティング手法 Vol.3 ABM攻略セミナー/60分
・コロナ禍であれこれ悩んだWebセミナー施策 答え合わせセミナー/75分
・コロナ禍で成功するBtoBマーケティング手法 Vol.1​新規リード発掘の必勝法は、テレマ×DMP!/60分

【11】Liny(ソーシャルデータバンク株式会社)

【セミナー情報ページ概要】
https://line-sm.com/seminar.html

【主な開催テーマジャンル】
機能活用、導入事例、その他

【特徴】
・「Liny(リニー)」の活用にとどまらない、LINE公式アカウントを活用したマーケティングの知識が学べる
・マーケティング、販促、営業、企画、SNS運営の企業担当者向けの内容
・毎週開催

【オンデマンド配信・見逃し配信】
なし

【具体的なプログラム例と時間】
LINE公式アカウント活用セミナー 実例公開 LINE公式アカウントの運用効果を最大化する秘訣とは?/120分

【12】SPIRAL®Webのあしあと(株式会社パイプドビッツ)

【セミナー情報ページ概要】
https://www.pi-pe.co.jp/seminar_event/

【主な開催テーマジャンル】
機能活用、その他

【特徴】
・(調査時点で)直近の開催情報はないが、「過去のセミナー・イベント一覧」で過去のセミナーのダイジェスト動画が視聴できる
・アーカイブのセミナー動画(YouTube)の視聴には必要情報の入力が不要

【オンデマンド配信・見逃し配信】
あり ※https://www.pi-pe.co.jp/movie/

【具体的なプログラム例と時間】
スパイラル最新事例セミナー/スキルアップセミナー/150分
・スパイラル スタートアップセミナー/120分
・8月LINE@完全終了!通数課金制でも生き残るLINE活用セミナー/90分
・初心者でも作れるアンケートアプリ / スパイラル スキルアップセミナー/150分
・基礎から覚えるメール配信/スパイラル メール配信セミナー/150分

【13】HubSpot Marketing Hub(HubSpot Japan株式会社)

【セミナー情報ページ概要】
https://www.hubspot.jp/hubspot-events

【主な開催テーマジャンル】
機能活用、マーケティングノウハウ、マーケティングトレンド、その他

【特徴】
・毎回30分の「HubSpot基本シリーズ」でHubSpot活用のさまざまなテーマを紹介
・マーケティングや営業、カスタマーサービスをテーマとして自社ビジネスの成長を促進するために役立つトレンド情報を扱う
・Web分析をはじめ各ジャンルの専門家を講師に招いたセミナーを開催

【オンデマンド配信・見逃し配信】
あり

【具体的なプログラム例と時間】
Meta|HubSpot 共催セミナー】最新事例に学ぶ! 顧客を惹きつけるInstagram/Facebook広告と運用のポイントとは/60分
・【HubSpot基本シリーズ】30分でわかる! カスタマーサービス業務における課題解決のためのHubSpot活用/30分
・ウェブ分析の第一人者 小川卓氏に学ぶ! ユーザー視点から考えるウェブ分析とコンバージョン率最適化 (CRO)/60分
・HubSpot オンラインイベント CX Spotlight 2022/不明
・【リモート営業入門編】買い手に寄り添う営業活動〜「リモート営業」の導入と定着を成功させる秘訣とは 〜!/50分

【14】Cloud CMO(株式会社イノーバ)

【セミナー情報ページ概要】
https://innova-jp.com/seminar/

【主な開催テーマジャンル】
MA基礎知識、機能活用、導入事例、マーケティングノウハウ、マーケティングトレンド、その他

【特徴】
・マーケティングセミナーを定期的に開催していて、SEO、サイト設計、サイト分析などのマーケティング施策系ノウハウから、マネージャー向けのマネジメント関連情報など幅広いテーマを扱う
・セミナーの開催数は他社のMA関連セミナーと比較して圧倒的に多い

【オンデマンド配信・見逃し配信】
あり

【具体的なプログラム例と時間】
デジタルマーケティングは内製で進めるべきか?あるいは、外注するべきか?/60分
・BtoBマーケティングのプロが語る「マーケティング支援会社の選び方」/60分
・オリジナルテンプレート付!BtoB向けカスタマージャーニーマップ作成セミナー/不明
・オンラインマーケのQuick Winとは?とにかく短期間で成果を出す8の方法/不明
・MAを導入しただけではナーチャリングはできない?! コンテンツを活用してナーチャリングする方法/不明

※情報は2022年7月15~20日調査時点。最新情報は各社のセミナーページでご確認ください。

2.MAの情報収集にセミナーはどの程度有効なのか

MAはマーケティングを支援するサービスの中でも比較的高額なため、導入後のミスマッチを防ぐ意味でも、検討のための十分な情報収集が必要です。その方法の1つとしてセミナー参加が挙げられます。

BtoBマーケターがセミナーに参加する際の目的は各担当者によって違いはあるものの、共通しているのは情報収集でしょう。セミナー主催企業が提供しているMAについて具体的な情報や活用方法を求めている場合や、MAを使いこなすためにBtoBマーケティングやMAの基本的な知識を求めている場合などがあります。自社の事業戦略との親和性やコスト面を比較する目的で複数社のセミナーに参加するケースもあるでしょう。

セミナーが情報収集の点で有効なのは、特定テーマの体系的にまとめられた情報を決められた時間で収集できること。ライブ開催であればさらに、その場で聞きたいことが聞ける点にあります。

3.セミナーへ参加する前に確認・準備しておきたいこと

セミナーへの参加が情報収集に効率的といっても、どのBtoBマーケターにとっても有意義なものになるとは限りません。セミナー参加の目的をしっかりと整理し、その目的にあわせたセミナーに参加することが重要です。

目的を整理する段階で、自社の課題(=MA導入目的につながる)が整理できているか、実際にMAを導入しても運用できるのかをあらためて確認しておきましょう。

MA導入につながる課題の整理

MAの導入を具体的に検討する前に、現時点で、見込み顧客との接触から受注までのマーケティングプロセスにどういった問題点・課題があるかを整理するところから始めます。

問題点・課題に応じて、活用できるツールが変わります。問題点や課題の内容によっては、MAの導入まで検討する必要がなくなるかもしれません。メール配信ソフトや名刺管理ソフトなどの導入のみで解決できるという場合もあります。こうして課題が整理できれば、セミナー参加の必要性も見極められ、時間の無駄をなくすことにつながります。

運用体制は十分か、整備できるか

導入後の運用体制が十分に機能できるかを想定せずに導入すると、「運用する人がいない」「ツールの活用ができない」という事態に陥ります。MAを活用するマーケティング部門やマーケターが使いこなせるかを確認してください。

また、MA導入は運用する部署だけで進めるのではなく、関連部署と連絡を取り合いながら進めることも重要です。特にセールス部門のように深く関係する部署とは、導入後の運用についても事前に話し合っておくことが必要です。

自社に適したMAを選ぶための“軸”を持つ

MAには多くの種類があるため、どうやってMAを選べば良いのかは担当者も悩む点です。そこで、効率的に情報収集ができるよう、あらかじめ自社に適したMAを選択するための検討の“軸”をいくつか紹介します。

運用を想定した際にマッチするか

自社に適したMAを選定するためには、自社のマーケティング活動・営業活動を可視化した上で、MAの運用方法を定める必要があります。自社での運用を想定しながらマッチするか見極めましょう。

(運用方法の例)
マーケティング専任の担当者がおり、毎月何千という見込み顧客に細やかなメールの送信やスコアリングを行う予定がある。⇒高機能なMA
他の業務と兼任で管理することになっており、毎月のリード数が最高でも百程度であるなどシンプルな活用を想定している。⇒オプションで機能を追加する安価なMA 

優先する評価軸を決めて検討する

自社にとって必要な機能を洗い出し、評価軸を明確にすることでMAを選びやすくなります。予算、必要な機能、対応可能なリード数・PV数、操作性、日本語対応しているか、カスタマイズできるか、サポート体制がどうかなど、自社が絶対に外すことのできない条件を列挙し、評価軸を定めましょう。 すべての条件を満たすMAはないかもしれませんが、条件に近いMAを絞り込む際に役に立ちます。

無料トライアルが利用できるか

無料トライアルが可能なMAであれば、試しに導入し、使い勝手を確かめられます。トライアルが利用できる場合の期間や機能の制限などを確認すると良いでしょう。
運用担当者が試用するのに必要な機能が揃っているか、操作性は十分かなど、ベンダーのWebサイトを眺めているだけでは分からない細かな点を確認し、必要に応じて質問するなどしてその後の選定の参考情報を収集します。

参照:
MA導入に必要な費用が分かる!価格決定の要因と選定ポイントを解説
MA(マーケティングオートメーション)とは?機能や選び方のポイントを解説

サポート体制の充実

MAを導入したばかりの時期は、操作方法など、ツールの内容以外の部分でつまずく可能性があります。その際にどのようなサポートが受けられるかが重要です。
有料か無料か、無料の場合はどの範囲までサポートするのか、有料の場合はサポート内容ごとにどの程度の費用がかかるのかなどを確認しましょう。ライブ配信セミナーでは、質疑応答の時間が設けられているため、直接、具体的なサポートの要望を聞く機会にできます。【おわり】


この記事で紹介されたサービス

Marketing Cloud Account Engagement(旧 Pardot)
Marketing Cloud Account Engagement(旧 Pardot)

Marketing Cloud Account Engagementはマーケティングやセールスの一般的なタスクから手作業をなくし、営業サイクルのスピードアップを図ります。

MA
Adobe Marketo Engage
Adobe Marketo Engage

Adobe Marketo Engageで複雑な購買体験をスムーズに

MA
Kairos3
Kairos3

Kairos3は、商談につながりやすいお客さまを抽出し、営業活動を支援する マーケティングオートメーション(MA)/SFAツールです。 導入実績は1,500アカウント以上。

HubSpot Marketing Hub
HubSpot Marketing Hub

Marketing Hubは適切なオーディエンスを惹きつけ、多くの訪問者を顧客へと転換し、包括的なインバウンドマーケティングのキャンペーンを広く展開するために役立つ、ソフトウェアです。

MA
SHANON MARKETING PLATFORM
SHANON MARKETING PLATFORM

シャノンマーケティングプラットフォームは、マーケティング業務の自動化・効率化と統合的なデータ管理により、戦略的なコミュニケーションを実現するクラウドアプリケーションです。

MA
BowNow
BowNow

BowNowは、無料から使える「低コスト」で「使いやすい」MAツールです。BowNowは本当に必要な機能だけを残し、どんな企業でも始めやすく「使いこなせる」MAツールとして開発されました。

MA
クラウドサービスサスケ
クラウドサービスサスケ

見込み客を受注に繋げる セールス&マーケティング 支援ツール ・1000社以上のツール導入 ・98.9%以上の契約企業様の継続率 ・2017年 ASPIC ASO IoT・クラウドアワードにて特別賞受賞

MA
ferret One
ferret One

サイト更新・メール配信・リード獲得の戦略設計まで BtoBマーケティングこれ1つで成果を出せる Webからの受注・リード獲得に必要な 「ツール」と「ノウハウ」を一気通貫でご提供します

MA
Cloud CMO
Cloud CMO

集客に強いコンテンツマーケティング運用ツール イノーバのCloud CMOはコンテンツマーケティングに特化した運用ツールです。特にコンテンツの投稿や更新、効果分析の工数を劇的に削減してくれるでしょう。

MA
Dr.Marketing®
Dr.Marketing®

Dr.Marketing®は、大手法人への新規アプローチ・ナーチャリングに特化したマーケティングオートメーションツールです。 WEBセミナーへの誘導用LP(ランディングページ)作成、集客用メール配信、集客インサイドセールス履歴の管理、見込み顧客のWEBアクセスをトラッキング、WEBセミナーの申込者管理/受講票配信、アンケートフォーム作成および結果集計、その後の営業フォロー管理など、Dr.Marketing®上で一気通貫に行えます。

MA
Liny
Liny

LINE公式アカウントの配信・運用・管理をサポートするツールです。顧客とのやりとりの中で、好みの属性を自動で収集・管理することができ、集めた顧客情報をもとに、一人ひとりの嗜好に合わせた情報だけを配信できるので反応率・売上のUPにつながり、運用負担も軽減します。

MA
SPIRAL®Webのあしあと
SPIRAL®Webのあしあと

マーケティングオートメーション「SPIRAL®Webのあしあと」は、初心者でも活用できるようなシンプルな機能で、優良顧客の発見から育成までを可能にします。 サイト訪問者の分析、顧客の行動にもとづく点数付け(スコアリング)、高い到達率を誇るメール配信など、マーケティングオートメーションに必須の機能を備えています。

MA
KARTE
KARTE

KARTE Insightは独自のリアルタイム解析エンジンにより、最新のユーザーの解析結果を計算し、 結果に応じたアクションを決定するまでを1秒以内に実現します。

SATORI
SATORI

見込み顧客を増やすマーケティングオートメーションツール「SATORI」 マーケティングオートメーションツール「SATORI」でできること ・ウェブサイト上のコンバージョンを促す ・購買意欲が高まった見込み顧客へ自動的にアプローチする ・リードを一元管理する(オンライン/オフライン・匿名客/実名客)

MA

あわせて読みたい

MA導入に必要な費用が分かる!価格決定の要因と選定ポイントを解説

MA導入に必要な費用が分かる!価格決定の要因と選定ポイントを解説

Webマーケティングの効率化を助けてくれるMA(マーケティングオートメーション)は、マーケティング担当者にとって欠かすことのできないツールとなっています。しかし、いざMAを導入しようとした場合、一体どれくらいの費用が必要になるのでしょうか?本記事では、MAを導入・運用する場合にどれくらいの費用が必要なのか、また、MAを選ぶ際に費用以外の観点からも検討すべきである理由を解説します。

MA
 MA(マーケティングオートメーション)とは?機能や選び方のポイントを解説

MA(マーケティングオートメーション)とは?機能や選び方のポイントを解説

マーケティング活動を効率的に行うためのツール「MA」についてご紹介します。導入すると何ができるのかを中心に、導入時に準備しておきたいこと、確認したい点についても解説します。

MA
「導入すれば勝手にアポ獲得」は幻想?MAで成果を出す条件を確かめる

「導入すれば勝手にアポ獲得」は幻想?MAで成果を出す条件を確かめる

BtoB事業を展開する企業においても、MA(マーケティングオートメーション)の導入が進んでいます。本記事では、MAでできることを端的に確認した上で、MAの潜在能力を最大限に活かし成果を出すための条件について解説します。

MA

この記事を書いた人

BeMARKE編集部
BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター