用語解説

ウェビナー

うぇびなー

ウェビナーとは、Webとセミナーを合わせた造語で、インターネット上で開催されるセミナーを指します。

新型コロナウイルスの流行で対面が避けられるようになり、実際に人が集まっていたセミナーやイベントの代替手段として普及しました。現地で行われるセミナーと違いオンライン配信サービスを利用するため、主催者と参加者がリアルタイムにチャットやアンケートでコミュニケーションを取ることができます。

配信環境があればどこでも開催・参加が可能で、費用をかけずに行うことができる手軽さから、BtoBマーケティングのリード獲得手段としても定着しつつあります。

一言コメント

ウェビナーの配信タイプとして、リアルタイムに配信するもの、あらかじめ用意した動画を流すもの、動画配信+リアルタイム配信を組み合わせたものがあり、用途によって使い分けられています。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

BtoBマーケティングって何するの?注目される背景や基本の流れを解説

BtoBマーケティングって何するの?注目される背景や基本の流れを解説

BtoBマーケティングの手法は、時代と共に変化しています。本記事では、BtoBマーケティングの概要や、具体的な施策、活用できるツールや、近年のトレンドなどについて紹介していきます。

リードジェネレーションとは?手法やナーチャリングとの関係も解説

リードジェネレーションとは?手法やナーチャリングとの関係も解説

リードジェネレーションとは、リード獲得のための取り組みのことです。この記事では、リードジェネレーションの意味や手法、注意点などを解説します。似たようなマーケティング用語リードナーチャリングとの関係もあわせてお伝えします。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター