基本ノウハウ

Webコンテンツとは?特徴や求められるもの・種類・注意点をわかりやすく

Webコンテンツとは?特徴や求められるもの・種類・注意点をわかりやすく

Webコンテンツとはどのようなものか抽象的でイメージできない人もいるのではないでしょうか。Webコンテンツはさまざまな種類があり、それぞれの特徴を知りコンテンツを作成することが大切です。

本記事では、Webコンテンツの特徴や求められるもの、種類、注意点について解説します。

目次

1.Webコンテンツとは

コンテンツとは、Webサイト上で掲載されるすべての情報のことです。文章・音声・動画、種類問わず、公開されているものすべてが該当します。

Webコンテンツの場合には、オウンドメディアやSNS、YouTubeなどで展開され、マーケティングで活用されています。

顧客に対して、何らかのものを提供することを前提にしており、情報やメッセージ性のある内容を顧客目線で伝えることが大切です。

関連記事:「コンテンツとは?意味・種類・関連用語を分かりやすく解説

2.Webコンテンツの特徴

Webコンテンツにはどのような特徴があるのか、知っておくことは、優良なコンテンツづくりの上でも大切です。それぞれの特徴について解説します。

ブランディングにつながる

Webコンテンツは、ブランドイメージを構築し、認知度を高められることが特徴です。コンテンツの質が高いほど、訪問した読者の評価が高まり、企業への評価も同様に高まります。

高品質なコンテンツを継続して提供することで、企業の信頼性や知名度が向上し企業そのもののブランディングにつながるでしょう。

自社商品やサービスを認知していない層にアプローチできる

Webコンテンツは、広範囲のユーザーにアクセスされることがあり、自社商品やサービスを認知していない層にもアプローチできます。SEOライティングを通して、あるキーワードで上位表示されれば、サービスを知らない人の目にも届けることができます。

SNSについても同様で、バズが起きることで、自社の顧客以外の人とつながりやすくなります。バズとはSNSなどで口コミやシェアを通じて、話題になり、多くの注目を集めることです。これにより、新規顧客の獲得や市場拡大が目指しやすくなります。

継続的な関係性構築ができる

Webコンテンツからユーザーとの継続的な関係構築が期待できることが特徴です。ウェビナーに参加した顧客に対して、メールマガジンを配信するなど、複数の手段を組み合わせることで、相乗効果が生まれます。

顧客情報を収集し業種や属性を絞り込むことで、顧客の状況や行動に合わせたアプローチも可能です。その結果、顧客との関係を維持し続けられます。

行動変容を促せる

Webコンテンツは、ユーザーの意識や行動に影響を与えられることが特徴です。顧客に対して役立つ情報や、知識を提供することで、顧客が知識を身に付け、自社のサービスの必要性に気が付くことにつながることもあります。

顧客の行動変容について詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

関連記事:「【マーケティングの基本】リードの意味とは?その分類とリード獲得のための4つの方法

3.Webコンテンツに求められるもの

Webコンテンツを作成して効果を発揮するためには、いくつか注意すべきことがあります。ここでは、どのような点に注意すべきか解説します。

求める情報を提供している

Webコンテンツは、ユーザーのニーズに応える情報を提供することが重要です。

例えば、オウンドメディアの運営であれば、ユーザーが求める情報を提供することで、継続的なアクセスが期待できます。継続的なアクセスにより、Webサイト全体のアクセス数が増加し、結果としてSEO対策にもつながります。

メールマガジンなどのコンテンツも同様で、役立つ情報を提供できなければ、購読中止になり、継続的な関係が築けません。

E-E-A-Tを意識する

信頼性を高めるには、E-E-A-T(旧E-A-T)を意識しましょう。E-E-A-Tとは、以下の3つの頭文字をとったものです。

  • E:Expertise(専門性):誰が発信したか
  • E : Experience(経験):実体験に基づいているか
  • A:Authoritativeness(権威性):発信者がどの程度世の中で認められているか
  • T:Trustworthiness(信頼性):多くの人から評価されているか

E-E-A-TはGoogleの「検索品質評価ガイドライン」に提示されており、SEO対策だけではなく、コンテンツづくりでも意識することが大切です。

以上3つの要素を意識し、読者に伝えるようにすることで、読者が安心してコンテンツを享受できます。

読みやすく分かりやすい

コンテンツを作る時には、読みやすさと分かりやすさが大切です。どれほど役立つ情報でも、ユーザーが内容を理解できなければ、十分な効果を発揮しません。

スマホが発達した現在では、多くの情報が発信されており、「自分には関係ない」と思われると、すぐに離れてしまいます。

4.Webコンテンツの種類

Webコンテンツは種類ごとに特徴が異なるため、それぞれの違いを把握することが大切です。

  • 記事
  • ホワイトペーパー
  • 動画・音声
  • プレスリリース
  • メールマガジン
  • ランディングページ
  • ウェビナー

それぞれのコンテンツの特徴やメリットについて解説します。

記事

記事とは、文章を主体にしたコンテンツです。形態はさまざまで、例えば以下のものが挙げられます。

  • コンテンツSEO
  • ニュース
  • 事例
  • お客様の声
  • インタビュー

それぞれ対象となる読者や記載すべき内容が変わります。ただし、文章の読みやすさや、ユーザーニーズが抑えられていない場合、早期に離脱されるリスクがあるため、注意が必要です。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーは自社が持っている専門的な知識や研究結果をまとめた資料です。企業の権威性や専門性を高められ、多くの情報を伝えられます。

自社のWebサイトからのダウンロードや、メールマガジンなどの手段で配布されます。

ただし、専門的な内容になるため作成負担は大きく、ターゲットユーザーに合わせて表現しなければ、内容が伝わりません。

ホワイトペーパーの目的と制作については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

関連記事:「ホワイトペーパーとは?目的・テーマ・制作手順を解説

動画・音声

文章や写真は、伝えることが難しい情報やサービスを伝えるのに役立ちます。文章のみの場合と比較して、見た人の記憶に残りやすく、分かりやすい点がメリットです。

反対に、編集や作成の負担は大きく、取り直しも簡単ではありません。

プレスリリース

プレスリリースは企業のニュースや情報を報道機関や一般ユーザーに伝えてもらう方法です。外部の第三者からの発信ゆえに信頼性が高く、拡散力もあるため、集客につながりやすい手法といえます。また、自社サイトへのリンクをもらえるため、被リンク獲得手法としても効果的です。

ただし、プレスリリースを依頼しても、必ずしも掲載されるとは限りません。

プレスリリースの書き方については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

関連記事:「【ポイントは6つ!】プレスリリースの書き方は?具体例や掲載されるコツまで紹介!

メールマガジン

メールマガジンは、定期的に配信されるEメールで、最新情報やお得な情報を提供する手法です。新製品やイベント情報を直接ユーザーに発信できます。顧客との関係を維持・強化するために効果的な手法です。

Webコンテンツの中でも、実施にコストがかからず、簡単に実施できます。また、近年では、顧客の属性に合わせて内容を変えられるため、より効果的なアプローチができます。

ただし、メールアドレスを把握する必要があるため、新規ユーザーへのアプローチがしにくい点がデメリットです。

メールマガジンについて、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

関連記事:「読まれるメルマガのコツ9選!すぐできる開封率やクリック率を高める書き方を解説

ランディングページ

ランディングページは、特定の商品やサービスをPRするために設けられたWebページです。効果的なデザインや文章で、ユーザーのアクションを促します。

通常の記事と異なり、他の記事へのリンクを付けることは少なく、サービスの購入やお問い合わせのリンクのみ貼り付け、1ページで情報を集約させています。

ランディングページについて詳しくはこちらもご覧ください。

関連記事:「ランディングページとは?特徴や制作メリット・留意点を解説

ウェビナー

ウェビナーは、新型コロナの感染拡大後に主流となった手法で、オンラインで開催されるセミナーや研修のことです。専門家のノウハウや事例紹介を時間や場所を選ばずに行えます。

双方向のコミュニケーションができつつ、多数へ発信が可能な手段です。また、ウェビナーを動画データとして保存することで、別のコンテンツとしても活用できます。

5.Webコンテンツの作り方

Webコンテンツで成果を出すためには、闇雲にコンテンツを作るのではなく、戦略的に作ることが大切です。具体的には以下のことが重要です。

  • コンテンツマーケティングの目的を明確にする
  • ペルソナを設定する
  • マーケティングプロセスに応じたコンテンツを選ぶ

目的を明確にして、ターゲットとなる人物像(ペルソナ)を作ることで、目的に合わせたコンテンツが選択でき、成果につながりやすくなります。

メディアの選び方については以下の記事をご覧ください。

関連記事’:「コンテンツマーケティングの種類7選!目的に合ったメディアの選び方まで解説

6.Webコンテンツつくりの注意点

Webコンテンツつくりの際には、いくつか注意すべき点があります。ここでは、どのような点に注意すべきか、解説します。

読者目線でコンテンツを作る

自社の都合や利益を挙げることは大切ですが、それ以上に大切な前提としてコンテンツは「読者に役立つもの」であることです。コンテンツが読者にとって有益でなければ、読者は離脱してしまいます。

自社の利益だけを考えた場合、お問い合わせやサービスの申し込み画面へのリンクを作ってしまうこともあるでしょう。「そのリンクは本当に読者にとって必要なのか」を判断の中心にすることが大切です。

流入経路ごとに動線を考える

Webコンテンツは似たテーマでも、流入経路で想定読者やニーズが変わります。

オウンドメディアとメールマガジンで考えてみましょう。オウンドメディアの場合には、検索流入が考えられるため、そのキーワードに対して強い関心を持っている人が読者です。しかし、メールマガジンに登録している人はすでに自社と関係を持っており、具体的な商品紹介やイベントの案内を送りやすくなっています。

求められるスキルが多い

コンテンツづくりで成果を出すためには、企画力やディレクション力など、マーケティングに関するさまざまな力が求められます。

自社でカバーするのは難しいケースも多いでしょう。そのような場合には、外部に作成を委託することも選択肢です。

長期的な目線が重要

Webコンテンツは短期的な成果につながらないものも多数あります。例えば、オウンドメディアはストック型のメディアと呼ばれ、コンテンツ量が増えることで効果を発揮することが特徴です。

すぐに結果が出ない場合でも、そこで作成を止めてしまうと、それまでの手間や労力が無駄になってしまいます。

そのかわり、コンテンツ作成により成果が出れば、そのコンテンツがあり続けるだけで成果を生み出してくれます。コンテンツ量が多いほど、効果は高まりやすいため、継続的に作成し続けることが大切で雨s。

7.まとめ

本記事では、Webコンテンツの種類や作るポイント、注意点について解説しました。Webコンテンツは今後の集客を考える上で非常に重要な取り組みの1つです。しかし、Webコンテンツ作成で成果を出すためには、マーケティング分析が欠かせません。

成果を出すために求められるスキルも多く、成果が出るまでも時間がかかるため、長期的な取り組みが欠かせません。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

この記事を書いた人

BeMARKE編集部
BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

SNS:TwitterYouTube

BeMARKEナビゲーターが
無料で相談にのります。

  • 自社に合う
    サービスを
    知りたい
  • 施策の
    進め方が
    わからない
  • Webで
    引き合いを
    増やしたい
  • 営業活動の
    DXを
    進めたい
BeMARKEナビゲーター