用語解説

ペルソナ

ぺるそな

ペルソナとは、元は「仮面」を意味し、転じて「(劇中)登場人物」や「外的人格」を表す言葉です。
マーケティングにおいては、企業が自社製品・サービスを利用する代表的な顧客像をイメージし、あたかも実在する人物であるかのようにプロフィールを作り込んだ架空の人物を指します。

ペルソナを設定することによって、社内で「どんな人物に製品・サービスを提供しようとしているのか」という意識統一ができ、対象が具体的であるため有効なマーケティング施策を立てやすくなります。

一言コメント

ペルソナは代表的な顧客像がイメージできなければ意味がないため、実際のデータに基づいたリアルなペルソナを作る必要があります。しかし、最初からリアルなペルソナを用意するにはスキルが必要です。まずは仮の設定でも構いません。作成してから、徐々にブラッシュアップすると良いでしょう。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

BtoBにおけるカスタマージャーニーマップとは?テンプレートに沿って作り方を解説 

BtoBにおけるカスタマージャーニーマップとは?テンプレートに沿って作り方を解説 

BtoBマーケティングの施策を考える上で重要なカスタマージャーニーマップについて解説する記事です。カスタマージャーニーマップの意味や注目される背景、BtoCのカスタマージャーニーマップとの違い、メリット、作り方、注意点を解説しています。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター