インタビュー

マルチプロダクト展開のWebサイトをデータドリブンでスピーディーに改善【マネーフォワード クラウド】|2024 BtoBサイトランキング入賞企業に聞く

マルチプロダクト展開のWebサイトをデータドリブンでスピーディーに改善【マネーフォワード クラウド】|2024 BtoBサイトランキング入賞企業に聞く

BeMARKEではBtoB企業が運営するWebサイトを、ユーザビリティや集客力、コンテンツの充実度などの項目から評価を行い、2024年版のランキングを作成しました。

今回、ベンチャー部門ランキング1位の「マネーフォワード クラウド」を運営する株式会社マネーフォワード マネーフォワードビジネスカンパニー 横断マーケティング本部 副本部長 米山恵太氏に、成果につなげるWebサイト運営の秘訣を伺いました。

BtoBサイトランキングTOP >>

【受賞Webサイト】マネーフォワード クラウド

【評価のポイント】Webサイト評価項目のうち特に、ユーザビリティ、コンテンツの充実度と品質、SEOにおいて高い評価を獲得。多数の製品を展開しながらも、Webサイト訪問者が迷うことなく必要な情報にたどり着ける構造とデザインの良さが際立っています。

マネーフォワード クラウド

目次

20以上のプロダクトの各KPIを追いながらWebサイトを改善

ーー横断マーケティング本部のミッションと米山様の役割を教えてください。

横断マーケティング本部のミッションは、複数のプロダクトに対して横断的にWebマーケティングを行い、サービスをグロースさせることです。

そのなかで私はWebサイトの運用・改善を行っているLPO部とWeb広告運用を行っているデジタルマーケティング部を管掌しています。他には横断マーケティング本部ではSEOチーム、CRMチームがあり全方位的にWebマーケティングを推進しています。

私たちが提供しているマネーフォワード クラウドはバックオフィスのさまざまな領域の効率化を図るクラウドサービスです。経理担当者様にご利用いただく会計ソフトから人事労務担当者様にご利用いただく給与計算ソフトまで、20以上のプロダクトを展開しています。管理するページ数も多く、約200ページ近くのWebページの改善、保守を行っています。

株式会社マネーフォワード マネーフォワードビジネスカンパニー 横断マーケティング本部 副本部長 米山恵太氏
株式会社マネーフォワード マネーフォワードビジネスカンパニー 横断マーケティング本部 副本部長 米山恵太氏

ーーWebサイトの運用・改善チームとしての目標はどのように設定されていますか。

弊社では個人事業主、中小企業、中堅以上の企業という、3つのターゲットセグメントごとでKPIを管理しています。

個人事業主や中小企業向けにはセルフサーブ型でサービスを提供しています。Web上で無料トライアルをしていただいた後に有料でご契約いただく流れをどれだけつくれたかという、無料トライアル数や有料契約数を目標に設定しています

また中堅以上の企業向けに提供しているサービスでは、資料ダウンロードやお問い合わせなどから得られたリードを、どれだけ商談につなげられたのかを目標として設定しています

PDCAサイクルの効率化とユーザー解像度の向上が課題

ーーWebサイト運用・改善においてどのような課題がありますか。

20以上のプロダクトがあり、それぞれに異なるKPIを追いかけています。そのため多数の関連部署とコミュニケーションを取りながら、会社全体としてROIを考慮し意思決定した上で改善を進める必要があります。

Webサイト改善のボトルネックを見つけ出し実装するまで、スピーディーに進める体制づくりが課題でした。特に2023年ではGA4への移行やGoogle Optimizeのサービス終了などツール周りでも仕組み構築しなおす必要がありました。

またプロダクト数が多いことから、各プロダクトのユーザー解像度を高めきれないことも課題のひとつでした。

データドリブン体制によりスピーディーな実装を

ーー課題を解決するためにどのような取り組みをされていますか。

ここから先は会員限定記事となります

記事を読むには無料の会員登録が必要です。

この記事に関連するお役立ち資料

この記事を書いた人

鈴木 舞
鈴木 舞 | BeMARKE編集長

BeMARKE編集長。これまで15年以上Webメディア運営・コンテンツ制作に携わる。前職では美容系Webメディア編集長としてサイト規模を2年で28倍の2,800万PVに成長させる。2022年より現職。BeMARKEのコンテンツ編集・制作方針や計画の策定、取材・執筆などを担当。ウェブ解析士。

著者の最新記事

もっと読む >

あわせて読みたい