インタビュー

一気通貫で数値を可視化し、改善プロジェクトでPDCAの精度を上げる【カオナビ】|2024 BtoBサイトランキング入賞企業に聞く

一気通貫で数値を可視化し、改善プロジェクトでPDCAの精度を上げる【カオナビ】|2024 BtoBサイトランキング入賞企業に聞く

BeMARKEではBtoB企業が運営するWebサイトを、ユーザビリティや集客力、コンテンツの充実度などの項目から評価を行い、2024年版のランキングを作成しました。

今回、ベンチャー部門ランキング5位のタレントマネジメントシステム「カオナビ」を運営する株式会社カオナビ デザイナーの藤田大氏とWebディレクター兼マーケターの岸本りか氏に、成果につなげるWebサイト運営の秘訣を伺いました。

BtoBサイトランキングTOP >>

【受賞Webサイト】カオナビ

【評価のポイント】ユーザビリティ、コンテンツの充実度と品質、SEO、ユーザーコミュニケーションというすべての評価基準において高ポイントを獲得しています。そのなかでも特にユーザーコミュニケーションに優れていることが特長です。ユーザーのニーズや課題に対して、解決につながるコンテンツが用意されています。

目次

多様なユーザーに向けて「カオナビの導入検討意欲を高めること」が目標

ーー「カオナビ」のWebサイトはどのような組織体制・人数で運営されているのでしょうか。

藤田氏:Webマーケティンググループから選抜されたメンバーによる「Webマスターチーム」がWebサイトの施策立案・実行から数値分析まで担当しています。マネージャー、マーケター、デザイナーなどが在籍する6名ほどのチームです。クリエイティブの制作は、チーム内のデザイングループが行っています。

(左から)藤田氏、岸本氏。岸本氏はカオナビのマスコット・めんたろうとともに
(左から)藤田氏、岸本氏。岸本氏はカオナビのマスコット・めんたろうとともに

リード獲得数から商談化率までをKPIに

ーーWebサイト運営における目標、KPIを教えてください。

岸本氏:「Webサイト来訪者がカオナビの導入を検討する気持ちを高めること」を目標にWebサイトを運用しています。

Webサイトの主な目的は「カオナビの導入」へつなげることですが、企業の「顔」という役割も同時に担っているため、サービス導入済みユーザーやパートナー企業など多様なユーザーの幅広いニーズにこたえる工夫をしています。

KPIには、Webサイトからのリード獲得数とリードの商談化率を設定しています。

営業とマーケティングは“良い意味で連携しすぎない”

ーー目標数値を追うにあたって営業チームとはどのように連携されているのでしょうか。

ここから先は会員限定記事となります

記事を読むには無料の会員登録が必要です。

この記事に関連するお役立ち資料

この記事を書いた人

鈴木 舞
鈴木 舞 | BeMARKE編集長

BeMARKE編集長。これまで15年以上Webメディア運営・コンテンツ制作に携わる。前職では美容系Webメディア編集長としてサイト規模を2年で28倍の2,800万PVに成長させる。2022年より現職。BeMARKEのコンテンツ編集・制作方針や計画の策定、取材・執筆などを担当。ウェブ解析士。

著者の最新記事

もっと読む >

あわせて読みたい