セミナーレポート

これだけはおさえて!CVに繋がるGA4の活用方法とWebサイト改善案の導き方【セミナーレポート】

これだけはおさえて!CVに繋がるGA4の活用方法とWebサイト改善案の導き方【セミナーレポート】

BeMARKEは7月12日、「これだけはおさえて!CVに繋がるGA4の活用方法とWebサイト改善案の導き方」と題したセミナーを開催しました。7月1日をもって多くの企業で導入されていたUAの計測停止にともない、GA4を導入する企業も少なくないでしょう。本セミナーではGA4を用いてWebサイトのどこに離脱ポイントがあるのかを判断する方法や対処方法を解説しています。Webサイトのボトルネックを改善し、WebサイトからのCVを増やしていきましょう。

目次

WebサイトからのCVを増やすために最も重要な取り組みとは?

本セミナーでは、Webサイトの離脱ポイントをGA4の活用して発見し、さらに改善施策についても解説します。

離脱ポイントを発見し機会損失を防ぐ

Webサイトをバケツ、ユーザーを水と考えてみましょう。離脱ポイントはバケツの穴になるイメージです。例えば、穴の開いたバケツに水を注ぐと、水が漏れ出てしまい、入れた水が無駄になります。Webサイトでも同じように、離脱ポイントが多いとユーザーが離れてしまい、多くの機会損失が生じます。そのため、バケツの穴をふさぐこと、つまり離脱ポイントを防ぐことが最初に行うべき大切な取り組みなのです。

GA4を活用し離脱ポイントを発見する4つのステップ

では、CVを最適化するために、そもそもバケツ(Webサイト)のどこに穴があるかGA4を活用し確認していきましょう。CVを最適化するための4つのステップをご紹介します。

【1】データ計測の環境整備

はじめに、データ計測のための環境を整備することが重要です。

まだGA4を導入していないという方は、BeMARKEのこちらの記事を参照して設定してみましょう。

これから始めるGA4の使い方!基礎・初期設定の手順・実践例まで解説

今回は離脱ポイントを見つけるために、レポート機能の設定方法について説明します。

CVを計測するための設定方法

次に、CVを計測するための設定をおこないます。設定の一覧は下図にまとめています。CVを計測するための「コンバージョンイベントの設定」は追加で設定する必要がある点には注意が必要です。

また、GA4では指定したイベントをコンバージョンとして設定することが可能です。資料請求、会員登録など企業としての目標をもとにCVを設定しましょう。

コンバージョンイベントの設定方法は以下の通りです。今回は、新規設定したイベントをすぐにコンバージョンイベントに設定するための手順を紹介します。

  1. 管理>イベント
  2.  イベントを作成>作成
  3. パラメータ、演算子、値を入力                                    
  4. 管理>コンバージョン>新しいコンバージョンイベント
  5. 新しいイベント名に作成したイベント名を入力

イベント名「event_name:page_view」

イベントパラメータ「page_location:(コンバージョンにしたいページのURL)」

設定が完了したらテストを行い、計測が行われているか確認しましょう。

【2】Webサイト全体の分析

環境整備とCV計測設定が完了したら、GA4でWebサイト全体を分析していきましょう。GA4を用いて、どこのチャネルからのCVが多いのか確認しましょう。

GA4内で見るべきポイントは、レポート、集客、トラフィック獲得です。

ここでのポイントは、全体のCV数に対して全体のセッション数が1%以下でないかです。1%以下の場合、その流入チャネルに課題を抱えている可能性があります。

【3】個別ページの分析

Webサイト全体を分析し、ボトルネックとなりうる箇所を見定めたら、個別のページを確認します。個別の分析は以下の3ステップで行います。

①ページとスクリーンを確認

まず、ページスクリーンを確認することです。レポート→ライフサイクル→エンゲージメント→ページスクリーンから開くことができます。

②特定のディレクトリでフィルタリング

次に、特定のディレクトリでフィルタリング分析を行い、改善すべきページを特定します。ディレクトリとは、ウェブサイトのURLの青い部分です。例えば、画像の青い部分がディレクトリになります。同じカテゴリのページを比較するために、こちらのフィルタリングを行います。

③分析して改善すべきページを特定する

最後に、分析の結果から改善すべきページを特定します。以下のスライドでは、同じカテゴリ内でフィルタリングした例が示されています。同じ表示回数の中で、コンバージョンイベントの割合を比べてください。数値の差分を考えることで、問題があるページを特定できるでしょう。記事系のコンテンツの場合は、表示回数1000回以上が目安です。

【4】改善施策の立案

ここまで、GA4を活用して分析したことで改善すべきページを割り出しました。最後に、実際にどのようにページを改善すれば良いか解説します。

問い合わせフォームの改善施策

冒頭の穴の空いたバケツの話を思い出してみましょう。最も穴が空いていて困るところはどこでしょうか?

最終的なCVポイントである問い合わせフォームですよね。改善の優先度は、最終的なCVポイントから近い順に高くなっていきます。ちなみに、一般的なフォーム通過率は25%~30%になります。裏を返すと、75%ものユーザーが離脱していることになります。

まず、フォーム上部にユーザーにとってのメリットを明確に示すことが重要です。どのようなホワイトペーパーや資料をダウンロードできるのか、どのようなサービスを受けることができるのか、目的を明確に記載してユーザーの興味を引きます。

また、フォーム内にステップチャートを追加して現在地と次の流れをユーザーに把握させることで、途中で離脱する可能性を減らすことができます。入力項目数は必要最小限に絞り込み、エラーがあった場合もエラーの理由をわかりやすく表示しましょう。さらにエラーを防ぐために、各項目の記入例やフォーマットをわかりやすく示すことも大切です。

エラー表示の改善例としては、下図のようなものです。

また、ラジオボタンとプルダウンのボタンは選択肢の少ないものにはラジオボタン、選択肢の多いものにはプルダウンを使い分けると良いでしょう。必須項目は必要な情報だけに絞り込み、ユーザーの手間をなるべく減らすようにしましょう。

これらの対策により、ユーザーがフォームをスムーズに利用できるようになります。

中間CV・サービスページの改善施策

次に、中間CV・サービスページの改善について解説します。

中間CVとは、サイト上の最終的なCVに至るまでに複数発生する中間アクションのことで、マイクロコンバージョンとも呼ばれます。具体的には、お役立ち資料DLページ、個別相談会申し込みページ、無料セミナー申し込みページなどがあります。

よくある問題として、記載されているサービスの情報が不足していることが挙げられます。

まずは、具体的なプランや価格を明確に記載しましょう。実際にサービスを導入した企業の事例を示すことで、ユーザーがイメージを持ちやすくなります。CTAボタンも重要です。興味を持ったタイミングでCTAがあれば、CVにつながる可能性が高まります。ページの上部と下部にCTAボタンを配置し、過度なCTAボタンの使用は避けましょう。

また、サービス全体のストーリーがわかりづらいこともよくある問題です。

これらの問題を解決するために、自社サービスのペルソナに合わせたキャッチコピーを使用し、視覚的にわかりやすいイメージを掲載しましょう。また、どのようなターゲットにおすすめのサービスなのかを明示することで、ユーザーが自分に合ったサービスだと感じやすくなります。商品知識がないユーザーにもわかりやすい情報を提供するために、簡潔な文章や具体的な使用イメージを記載しましょう。これらの工夫により、ユーザーがサービスページを理解しやすくなります。

また、サービスの活用イメージが伝わらないこと、導入のメリットがわかりにくいこと、そして導入におけるサポート体制が不明確なこともよくある問題です。

活用イメージの紹介によって、自社と似た企業が活用できていれば自社も活用できるというイメージがつかめます。導入前の苦労と導入後の効果を比較し、導入した後の良い未来を思い描かせることが重要です。

サービス導入によるメリットについては、ただ○○が得られると「思います」ではなく、専門家やデータで根拠を示した方が信憑性が増します。

カスタマーサービスについては、もし導入して思っていたのと違う、となっても返金できるとわかれば導入のハードルが下がりますし、アフターサポートをしてもらうことで活用の幅が広がると感じてもらえるでしょう。

記事ページの改善施策

次に、記事ページの改善施策について解説します。他のページと比べて優先度は低いといえますが、サイトへ流入する最初のきっかけとして重要なものです。検索流入の場合、必ずしもトップページに流入するとは限りません。

まず確認すべきは「記事の質」です。商品に全く関係のない記事であれば、記事だけを読んでやめてしまうかもしれません。

カテゴリやタグで関連記事に飛べるようにしておくことで自社サイトの回遊時間を増やすことができ、CVに繋がりやすくなるでしょう。

先ほどの、自社サービスのデータを専門家やデータによって信憑性を増すということに関連して、記事にも著者情報を載せることで信憑性を増すことができます。

色々なサービスを比較するユーザーにとって1つのサイトにかける時間を減らしたい気持ちがあります。そのため、飛ばし読みでも内容が把握できるようなレイアウトにすることもユーザーのためになるでしょう

タイトルについては、専門用語ではなく、ユーザーが普段使う用語を用いたり、検索エンジンの仕様により後半部分は省略されてしまうため重要なキーワードは前半に含めたりしましょう。そもそもタイトルの省略を避けるためには、30文字程度に収めることをおすすめします。

TOPページの改善施策

最後に、TOPページの改善について解説します。TOPページは、改善の優先順位が上がる場合がいくつかあります。主に以下の二つが挙げられます。

  1. コーポレートサイトとサービスサイトではトップページの改善の優先順位が異なる
  2. 企業の知名度によっては指名検索が多い場合、優先順位が高まる

TOPページの問題として、デザインに問題のある場合が多いです。ユーザーの関心を引きつけるためには、何について説明しているか一目で分かるデザインと、内容を把握しやすいテキストが欠かせません。短いコピーの作成や、一目で分かるCTA、把握しやすい情報量やテキスト量に注意しましょう。

また、スマホとパソコンの両方に対応したレスポンシブデザインを採用することも重要です。ユーザーの環境に合わせたサイト表示を心がけ、両方の端末からのアクセスに対応できるように心がけましょう。

具体例として、BeMARKEの運営母体であるアジタス社のトップページを使って、改善方法を解説します。トップページには「Greater Identity」というコピーが配置されています。上部にはグローバルナビゲーションが設置され、事業内容からサービス概要まで確認できます。そして、CTAボタンも効果的に配置されており、ユーザーが流れるようにサイトを巡回できるシステムが作られています。

まとめ

本セミナーでは、GA4を用いてWebサイトの問題を発見し、具体的な改善方法を解説しました。

自社サイト(バケツ)からのCVを増やすためにはサイトへの流入(水)を漏らさないように離脱ポイント(穴)を改善し、機会損失を防ぐことが重要です。GA4の基本的な使い方を押さえ、自社のWebサイトを見直しましょう。

離脱ポイントが発見できたら、各ページに合わせた改善施策を実行しCV率向上につなげましょう。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

この記事を書いた人

BeMARKE編集部
BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

SNS:TwitterYouTube

BeMARKEナビゲーターが
無料で相談にのります。

  • 自社に合う
    サービスを
    知りたい
  • 施策の
    進め方が
    わからない
  • Webで
    引き合いを
    増やしたい
  • 営業活動の
    DXを
    進めたい
BeMARKEナビゲーター