用語解説

セグメント

せぐめんと

セグメントとは、市場において年齢・業種・職種・役職・生活サイクルなどのさまざまな観点から細分化された、同傾向を持つ集団のことです。細分化する行為をセグメンテーションと呼びます。

セグメントごとにニーズが異なるため、どんなセグメントをターゲットにするか、またターゲットにしたセグメントにどのような製品・サービスを販売するかがマーケティング戦略において重要です。

一言コメント

例えば、「製造業」「中小企業」「ITに疎い」「役職持ち」などの条件に一致するセグメントがターゲットであれば、製造業向けに、誰でも簡単に使いこなせる安価な工程管理ソフトなどの販売が考えられます。
競合がターゲットにしていない、自社が優位に立てるセグメントを対象に販売を行うことで、特定の市場シェアを獲得できる可能性があります。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

リードジェネレーションとは?手法やナーチャリングとの関係も解説

リードジェネレーションとは?手法やナーチャリングとの関係も解説

リードジェネレーションとは、リード獲得のための取り組みのことです。この記事では、リードジェネレーションの意味や手法、注意点などを解説します。似たようなマーケティング用語リードナーチャリングとの関係もあわせてお伝えします。

BtoBマーケティングにおける顧客理解とソリューションコンテンツの重要性

BtoBマーケティングにおける顧客理解とソリューションコンテンツの重要性

BtoBマーケティングにおいて生まれている分断の原因と、歩み寄りのために必要な顧客理解の方法、そしてその実践の中で重要なソリューションコンテンツについて解説します。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター