ニュース解説

MAツール「BowNow」無料プランでメール配信が可能に。BtoBマーケにおける効果的な活用方法とは?

MA
MAツール「BowNow」無料プランでメール配信が可能に。BtoBマーケにおける効果的な活用方法とは?

クラウドサーカス株式会社は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの「BowNow(バウナウ)」の無料プランにメール配信機能が拡張されたことを発表しました。 マーケティング施策の範囲が広がった「BowNow」無料プランをBtoBマーケティングに活かす方法とは。

目次

低コストで使いやすいMAツール「BowNow」

デジタルマーケティングのSaaS総称サービス「Cloud CIRCUS」のひとつである「BowNow」は、使いやすさと低価格が特長の、無料プランから導入可能なMAです。

多機能なMAは高度なマーケティングレベルと人的リソースが必要であることから、「BowNow」は必要な機能だけを残し、どんな企業でも始めやすく使いこなせるMAとして開発されました。

ホットリードの抽出に優れ、企業が保有している見込み顧客リストを使うことでMA導入・活用をミニマムスタートすることができます。

無料プランでメール配信が可能に。リードナーチャリングへの活用に期待

今回、「BowNow」の無料プランにメール配信機能が拡張されたことにより、「BowNow」の無料プランを登録した全てのユーザーは、「BowNow」の計測タグを設置したサイトの訪問者を確認できるだけではなく、獲得した顧客情報を元にメールを配信することができるようになりました。

従来のメール配信機能は、月額2万円(税別)以上のライトプランから利用可能でしたが、無料プランから搭載することにより、ユーザーは、見込み顧客へのナーチャリング活動を、費用を抑えながら取り組むことができます。

「BowNow」のメール配信機能とは、「BowNow」に登録している顧客情報に対し、メールを送ることができる機能です。 1か月以内に企業サイトの特定のページを訪れたユーザーや、お問い合わせフォームを訪れたもののお問い合わせに至らなかったユーザーなど、詳細な条件で絞り込み検索し、ユーザーの行動に合わせたメールを配信することができます。

マーケ施策の範囲が広がった「BowNow」無料プラン導入を、自社のMA運用見直しのきっかけに

「BowNow」は、登録した見込み顧客を細かく区分けでき、自社のWebサイトへの訪問者分析に優れたMAです。 それらの機能を無料プランでも利用でき、かつユーザーにとっての使いやすさを追求している点が、多くのユーザーと企業に支持されています。 今回、無料プランにメール配信機能が拡張されたことにより、マーケティング施策の実現可能な範囲が広がったといえます。

一般的なMAに標準搭載されることの多い、シナリオ機能やスコアリング機能は、ユーザーにとって使いこなすことが難しい機能でもあります。 「BowNow」では、難易度の高い機能を減らし、必要な機能だけを残していることから、どんなユーザーにとっても始めやすいMAといえるでしょう。

「MA運用のコストが負担になっている」、「多機能すぎて使いこなせない」という悩みを持つ企業にとっては、「BowNow」の無料プランをテスト的に導入し、自社のマーケティング施策実行のために活用できそうかどうかという判断基準として利用してみるのも良いでしょう。

そのうえで、「BowNow」有料版へのアップグレードの検討や、その他のMAの導入検討・比較をすることで、これまでのMAの運用見直しを行い、マーケティング活動の効率化を実現することができるでしょう。


この記事で紹介されたサービス

BowNow
BowNow

BowNowは、無料から使える「低コスト」で「使いやすい」MAツールです。BowNowは本当に必要な機能だけを残し、どんな企業でも始めやすく「使いこなせる」MAツールとして開発されました。

MA

あわせて読みたい

 MA(マーケティングオートメーション)とは?機能や選び方のポイントを解説

MA(マーケティングオートメーション)とは?機能や選び方のポイントを解説

マーケティング活動を効率的に行うためのツール「MA」についてご紹介します。導入すると何ができるのかを中心に、導入時に準備しておきたいこと、確認したい点についても解説します。

MA
MAは営業の友達!顧客フォローに役立つMAの活用法

MAは営業の友達!顧客フォローに役立つMAの活用法

MAは有効活用すれば営業担当者自身の顧客フォロー活動をサポートしてくれるツールです。本記事ではMAと営業とのコラボレーションで、営業活動の後追いの効率や精度向上につながる点を解説します。

MA
「導入すれば勝手にアポ獲得」は幻想?MAで成果を出す条件を確かめる

「導入すれば勝手にアポ獲得」は幻想?MAで成果を出す条件を確かめる

BtoB事業を展開する企業においても、MA(マーケティングオートメーション)の導入が進んでいます。本記事では、MAでできることを端的に確認した上で、MAの潜在能力を最大限に活かし成果を出すための条件について解説します。

MA

この記事を書いた人

BeMARKE編集部
BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター