基本ノウハウ

MAとメール配信システム、どちらを選ぶべき? 両者の違いを解説

MA
MAとメール配信システム、どちらを選ぶべき? 両者の違いを解説

「メールマーケティングのためにツールを導入したいが、MAとメール配信システムのどちらを選べば良いのか分からない」「自社に合ったツールの選び方を知りたい」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

本記事では、上記のような悩みを持っている方に向けて、MAとメール配信システムの違いについて解説します。また、MAを導入すべき企業、メール配信システムを導入すべき企業についても、それぞれ紹介します。

目次

▼本文

1.MAとメール配信システムの違い

MA(マーケティングオートメーション)は、マーケティングにおける一連の流れを自動化するツールです。メール配信だけではなく、リード(見込み顧客)の情報管理や、リードの行動に応じたアプローチを行うシナリオ機能など、さまざまな機能を有します。ただし、操作が複雑でコストも高い傾向があります。

一方、メール配信ツールは、マーケティングの中で行う施策のうち、メール配信だけに特化したものです。機能が限定されている分、MAよりも操作はシンプルで、コストも抑えられます。

比較軸MAメール配信ツール
リード管理
メール配信
ステップメール作成
HTMLメール作成
メルマガの効果測定
ターゲティングメール配信
リードの行動に応じたメール配信
導入難度やや煩雑簡単
価格高価安価

MAの機能

MAには、リードを獲得する「リードジェネレーション」、メール配信などを通じてリードへの印象付けを行う「リードナーチャリング」、購買意欲の高さやターゲットとの一致性によって対応の優先度を選別する「リードクオリフィケーション」を自動化・効率化するためのさまざまな機能が備わっています。その中でメールマーケティングに関わるものとして以下が挙げられます。

機能概要
リードの管理ユーザー登録や、広告のクリック、イベントの参加、名刺交換など、それぞれ異なる手段で獲得したリードの情報を1箇所にまとめてデータベース化する。
メール配信リードに対してメールを配信する。
シナリオ設定「メール内のリンクをクリックしたリードにさらなる案内を送る」「商品ページを一定時間以上閲覧したリードに商品の詳細を送る」など、リードの行動に応じて、あらかじめ設定したアプローチを自動的に行う。
スコアリング「マーケティング担当である:10点」「ユーザー登録した:10点」など、リードの属性や行動に応じたスコアを設定しておくことで、リードの購買意欲を定量的に測ることができる。
ホットリードの抽出スコアリングによってホットリード(購買意欲の高いリード)を抽出する。

リードの行動を分析することで、個々のリードに対し、適切なタイミングで適切な情報を配信できる点が、MAの長所です。

メール配信システムの機能

メール配信システムは、メールマーケティングをサポートしてくれるツールです。登録されているメールアドレスに向けて一斉送信したり、開封率から読者の反応を確認したりといった機能を備えています。メール配信システムの基本的な機能には以下のようなものがあります。

機能概要
登録メールアドレスの管理登録したメールアドレスをリスト化し、一元管理する。
メール配信登録したメールアドレスに対してメールを配信する。
ステップメールあらかじめ設定した時期・順番にメールを配信する。
A/Bテスト内容の異なる数パターンのメールを配信し、どのような内容が効果的なのかを検証する。
効果測定メールの開封率や到達率などを測定する。

MAと比べると機能は限られますが、安価で使いやすいため、導入のハードルは高くありません。メール配信にフォーカスしているため、テンプレートやデザインなど、読まれやすいメールを作成する機能も、MAより充実している傾向にあります。

2.MAとメール配信システムどちらを選ぶべき?

MAとメール配信システムは、それぞれにメリットとデメリットがあります。自社の状況やマーケティングの方針に応じて、導入するサービスを選定してください。

ここでは、MAを選ぶべきケースと、メール配信システムを選ぶべきケースについて、それぞれ紹介します。

マーケティングに取り組み始めたばかりなら「メール配信システム」

マーケティングに取り組み始めて間もない企業であれば、メール配信システムの導入がおすすめです。

MAよりも安価で、機能もシンプルなメール配信システムは、これからマーケティングのノウハウを培っていく企業であっても簡単に導入できます。また、MAの機能であるシナリオ設定やスコアリングは、一定数のリードを持っている状況でこそ活用できるものです。マーケティングを始めたばかりで、リード数が限られている場合は、メール配信システムの機能でも不足はないでしょう。

ユーザーに合わせたメールを配信するなら「MA」

より読者に合ったメールを配信したいのであれば、MAの導入がおすすめです。

メール配信システムであっても、リードの属性に応じた内容のメールを配信することは可能です。しかしMAではそれに加えて、指定したWebサイトの閲覧時間や頻度、営業の履歴、SNSのフォロー、イベントの出席など、より多彩な要素からリードの状態を分析し、的確な内容のメールを配信することが可能です。

幅広いマーケティング施策を展開するなら「MA」

より幅広く、スケールの大きいマーケティングを展開したい企業も、MAの導入がおすすめです。 MAには、広告配信やSNS連携など、メールマーケティング以外の機能も充実しているため、導入すれば幅広いマーケティング手法で効率化を図ることができます。また、現時点でマーケティングが一定の成功を収めており、そこからより広範囲のマーケティングを実施したい、より多くのリードを獲得したいなどの場合も、MAの導入を検討すべきケースといえるでしょう。

3.まとめ

MAとメール配信システムの違いについて解説しました。MAはマーケティング全体を自動化・効率化させるためのツールで、「よりユーザーの性質に合わせたマーケティングをしたい」「大規模で多彩なマーケティングを行いたい」といった場合におすすめです。

メール配信ツールは、メールマーケティングに特化したツールで、「これからマーケティングを始める」「メール配信機能だけを安価で使いたい」といった場合におすすめです。それぞれのツールの特徴について理解した上で、自社のニーズに合ったシステムを導入してください。


あわせて読みたい

「メール配信を成果につなげたい」ユーザーのニーズに応える徹底したサポート体制とその背景とは?【配配メール】

「メール配信を成果につなげたい」ユーザーのニーズに応える徹底したサポート体制とその背景とは?【配配メール】

メール配信ツール活用に課題を感じているBtoB企業担当者へ向け、メール配信ツールを使いこなし成果に導くために、配配メールではどのような点に注力しサービスを提供しているのか、株式会社ラクス 配配メール事業部 企画課 大塚陽生氏にお聞きしました。

MAを活用したリードナーチャリングの流れを徹底解説

MAを活用したリードナーチャリングの流れを徹底解説

リードナーチャリングに取り組む際、MAを活用すると効率的に進められます。本記事では、リードナーチャリングにMAを活用すべき理由について解説。実際の手順についても説明していきます。

MA
MAのシナリオステップを解説 シナリオの意味や例も紹介

MAのシナリオステップを解説 シナリオの意味や例も紹介

MAによるマーケティング業務の自動化に必須のシナリオについて紹介する記事です。MAにおけるシナリオの意味やシナリオ設計手順、具体的なシナリオ例などについて解説しています。

MA

この記事を書いた人

BeMARKE編集部
BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター