ニュース解説

大企業のBtoBマーケティングの課題とは?54.5%が「新規施策を推進する人材の不足」を実感

大企業のBtoBマーケティングの課題とは?54.5%が「新規施策を推進する人材の不足」を実感

マーケターと企業のマッチングサービス「マーケティングプロパートナーズ」は、従業員数1,000名以上の大企業の、BtoB事業を推進するマーケティング担当者104名に対し、「大企業のマーケティング課題に関する実態調査」を実施し結果を発表しました。

目次

調査サマリ

  • 約4割ものマーケ担当者が、外部要因の大きな変化に合わせたマーケ判断ができておらず
  • 新規施策を実施する上でのハードル、54.5%が「新規施策を推進する人材がいない」
  • 現在CMO人材がいる企業は35.6%に留まり、約半数が今後CMO人材の獲得に意欲

調査結果

(1)約4割のマーケ担当者が、外部要因の大きな変化に合わせたマーケ判断ができていない

「Q1.あなたは、外部環境の変化に合わせたマーケティングが実施できていると思いますか。」(n=104)と質問したところ、「非常にそう思う」が10.5%、「ややそう思う」が43.3%という回答となりました。

(2)「最新のトレンドに合わせた顧客獲得のための新規施策」を61.6%が実践

「Q2.現在、顧客獲得のため、最新のトレンドに合わせた施策が実践できていますか。」(n=104)と質問したところ、「かなり実践している」が7.8%、「実践している」が53.8%という回答となりました。

(3)顧客獲得のために4割以上が、「動画コンテンツ」や「Web広告」「SNS運用」の新規施策を実施

Q2で「かなり実践している」「実践している」と回答した方に、「Q3.実践している顧客獲得のための新規施策を教えてください。(複数回答)」(n=64)と質問したところ、「動画コンテンツ」が48.4%、「Web広告」が43.8%、「SNS運用」が40.6%という回答となりました。

(4)今後は約9割が新規施策の必要性を実感

Q2で「実践していない」と回答した方に、「Q4.今後、新規施策の必要性を感じていますか。」(n=25)と質問したところ、「非常に感じる」が36.0%、「やや感じる」が52.0%という回答となりました。

(5)新規施策を実施する上でのハードル、半数以上が「新規施策を推進する人材がいない」と回答

Q4で「非常に感じる」「やや感じる」と回答した方に、「Q5.新規施策を実施する上でのハードル/課題を教えてください。(複数回答)」(n=22)と質問したところ、「新規施策を推進する人材がいない」が54.5%、「費用対効果がわからず稟議が通らない」が40.9%、「社内に新規施策のノウハウがない」が36.4%という回答となりました。

(6)他にも「具体策が何も示されない」や「既存の方法や手法に固執している」などの課題も

Q5で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q6.Q5で回答した以外に、新規施策を実施する上でのハードル/課題があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=20)と質問したところ、「具体策が何も示されない」や「既存の方法や手法に固執している」など11の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>

  • 53歳:会社からは号令ばかりで具体策が何も示されない。
  • 61歳:組織の内部の管理職たちが、既存の方法や手法に固執しており、変化に反対しかしないため。
  • 48歳:企画力。
  • 52歳:ターゲットを明確にすることすらできていない。
  • 49歳:海外本社の日本市場への理解が得られない。
  • 48歳:時間がない。

(7)73.1%が組織単位で「マーケティング戦略」の立案から実行に苦戦

「Q7.あなたのお勤め先では「マーケティング戦略」の立案から実行において、組織単位で苦戦していますか。」(n=104)と質問したところ、「かなり苦戦している」が11.6%、「やや苦戦している」が61.5%という回答となりました。

(8)現在CMO人材がいる企業は35.6%に留まる実態

「Q8.あなたのお勤め先にはすでに「CMO人材※」がいますか。」(n=104)と質問したところ、「はい」が35.6%、「いいえ」が64.4%という回答となりました。

※CMO:「(Chief Marketing Officer/チーフマーケティングオフィサー)」の略で、主にマーケティングの現場を取りまとめ、マーケティング戦略を立案し、具体的に実行する役割を担います。一般的に、取締役や執行役員として企業経営とマーケティングを連携させ統括をします。

(9)マーケティング戦略から実行までを進めるCMO人材獲得に、約半数が意欲

Q8で「いいえ」と回答した方に、「Q9.今後マーケティング戦略から実行までを進める上でCMO人材を獲得したいと思いますか。」(n=67)と質問したところ、「非常にそう思う」が15.0%、「ややそう思う」が29.9%という回答となりました。

調査概要

調査概要:大企業のマーケティング課題に関する実態調査
調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査
調査期間:2022年7月25日〜同年7月28日
有効回答:大企業(従業員数1,000名以上)のBtoB事業を推進するマーケティング担当者104名
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

即戦力となるBtoBマーケターをいかに採用するかが課題

BeMARKE編集部の注目ポイント

大企業のBtoB事業を推進するマーケティング担当者においては、顧客獲得のための新規施策を重要視しながら、同時に、多数の課題を感じているという結果になったようです。
施策実行に苦戦する理由としては、BtoBマーケティングの事例が少ないことや、次々登場するツールを使いこなすことが難しいこと、そもそも営業部門とのコミュニケーションが不足していることなどが考えられるでしょう。
また、マーケティング施策の上流工程から実行まで、幅広い知識と視点を持つマーケティング人材が不足しており、採用が難しいことも大きな課題です。
今後は、優秀なマーケターが複数の企業で活躍するといった多様な働き方も見られるかもしれません。
企業の経営方針にも関わるマーケティング施策を推進する人材をどのように採用していくのか、各企業の動きに注目です。

※参考 URL:【大企業のマーケティングの課題とは】マーケティング戦略の立案から実行において、73.1%が苦戦!半数以上が「新規施策を推進する人材の不足」を実感

出典元:https://crowd.itpropartners.com/lp/marketing


あわせて読みたい

営業パーソンの強み・弱みを可視化!クラウド営業支援ツールSensesが「セールスメトリクス」をリリース

営業パーソンの強み・弱みを可視化!クラウド営業支援ツールSensesが「セールスメトリクス」をリリース

クラウド営業支援ツール「Senses(センシーズ)」は、より組織営業力を強化するための分析ツール「セールスメトリクス」をリリースしたことを発表しました。

ウェビナー動画のオンデマンド配信ができる「Sales Docコクリポ限定プラン」の無料提供がスタート

ウェビナー動画のオンデマンド配信ができる「Sales Docコクリポ限定プラン」の無料提供がスタート

ウェビナーツール「コクリポ」は、営業向け資料トラッキングツール「Sales Doc(セールスドック)」と連携した「Sales Docコクリポ限定プラン」の無料提供を開始したことを発表しました。

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」がウェビナーの複数日程登録機能をリリース

ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl」がウェビナーの複数日程登録機能をリリース

株式会社Bizibl Technologiesは、ウェビナーマーケティングSaaS「Bizibl(ビジブル)」において、ウェビナー開催にあたって複数の日程を登録することができる「複数日程登録機能」をリリースしたことを発表しました。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部
BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター