インタビュー

「SEOツール導入のメリットとは?」成果につながる運用支援がカギ【SEARCH WRITE】

「SEOツール導入のメリットとは?」成果につながる運用支援がカギ【SEARCH WRITE】

SEOツールについて関心があるものの、自社にとっての導入の必要性や活用法をつかみきれていないBtoB企業のWeb担当者は少なくないでしょう。

SEOツール導入の最適なタイミングや成果につながる活用法について、SEO対策ツールSEARCH WRITEを提供する、株式会社PLAN-Bのマーケティング部 部長 百々雅基氏にお聞きしました。

目次

BtoB企業のコンテンツマーケティング、コンテンツSEOを支援

SEO、ADプランニング、Webサイト構築、コンテンツマーケティング、インフルエンサーマーケティングなど、独自のデジタルマーケティング技術を駆使し、専門チームがワンストップでサポートするデジタルマーケティングエージェンシーです。

SEARCH WRITEは運用に特化した唯一のSEOツールです。「『わかる』ではなく、『できる』を全ての人に。」をコンセプトに、キーワード選定、記事構成検討といった初期の分析だけでなく、効果測定・追加施策など、いわゆる「SEOの運用」をサポートする機能を搭載し、初心者でも中長期的に成果が出せるよう設計されています。

百々雅基氏(株式会社PLAN-B マーケティング部 部長)

SEARCH WRITEの利用者様のなかには、コンテンツマーケティングやコンテンツSEOに注力したいと考えるBtoB企業のマーケティング担当者様やWebサイト担当者様が多くいらっしゃいます。

SaaSを提供されているBtoB企業のマーケティング担当者様も多く、リード獲得のためコンテンツマーケティングを強化していきたいと、SEOツールを導入されるケースが多いようです。

また、Webサイト制作の代理店様に、SEO支援業務における工数の削減を目的として、SEOツールを導入いただく場合もあります。

SEOに取り組む企業や担当者が慢性的に抱える課題

(1)SEO対策に関する業務に工数がかかりすぎている

SEO対策のために、キーワードプランナーやGoogleAnalytics、サーチコンソールなど複数のツールを行き来しながら分析を行うことで、業務に膨大な工数がかかることに悩みを持つ方が少なくありません。

SEOツールを導入し、業務効率を向上させたいと考える方が多いようです。

(2)SEO対策をしているが、成果につながる運用ができていない

SEOを意識しながらコンテンツ制作を行っているが、効果検証やリライトなどの追加施策ができておらず成果につながらない、という声も多く聞きます。

記事を制作、公開して完了するのではなく、追加施策まで含めた運用が容易にできるツールの導入が必要です。

(3)運用が属人化し、社内にノウハウが蓄積されない

SEO対策における業務が属人化し、ノウハウの蓄積や引き継ぎができていないことで、担当者が異動や退職などで不在となった際に、業務が進まなくなることを危惧している方も多いようです。

その場合、ツールにノウハウを蓄積するなど、業務の属人化を防ぐ仕組みを取り入れることが重要だと考えています。

(4)SEO対策をはじめたいが、何からはじめれば良いか分からない

これからSEO対策を実施するというユーザーの大半は、何からはじめれば良いか分からない、どうやって記事を書けば良いか分からないという不安をお持ちのようです。初心者でも使いやすいUIとサポート体制を備えたSEOツールに対するニーズが高いようです。

SEOツール導入によって実現できること

SEOツールを導入すると、キーワード選定から検索順位の変動調査、コンテンツの最適化まで一元管理することができるため、複数のツールを行き来することによる無駄を削減できます。

また、SEO対策における業務の一部を自動化することにより工数を削減し、コンテンツ制作を容易にします。それにより、成果につながる運用を可能にします。

検索結果で上位を目指すには、被リンクを増やすなどの外部対策やディレクトリ構造の最適化などの内部対策と、実際のコンテンツの内容という大きく3つの要素が重要です。そのなかでもコントロールしやすく効果が期待できるのが、コンテンツの評価を上げるための施策だと考えています。

コンテンツに対する評価を上げるには、ユーザーにとって有益で価値のある情報を発信し続けることが必要です。そのためには、設計に時間をかけすぎるのではなく、効果検証をしっかり行うことで、ユーザーの検索意図を満たしたコンテンツになっているかを判断する必要があります。

また、リライト、タイトル変更をはじめとした追加施策を実施し、よりユーザーにとって有益なコンテンツを目指すなど、運用に時間を割くことが重要です。

SEARCH WRITEならリライトや効果検証、内製化までサポート可能

SEARCH WRITEでは、キーワードの選定から、新規記事作成、既存記事のリライトや、施策ログの蓄積や効果測定まで、PDCAをしっかりと回す運用を理想とした機能設計により、企業におけるコンテンツSEOの内製化支援を行っています。

バブルチャート機能を用いてリライト対象の記事を簡単に選ぶことができるため、SEO担当者は、リライトをする際に必要な追加項目の選定や、ユーザーニーズに沿ったコンテンツ作りに注力することができます。

また、施策実行における行動履歴がツールに蓄積されるため、属人化によるリスクを防ぐことも可能です。専門知識がなくても使えるツール設計で、誰でも手軽に成果につながる運用を実現します。

お悩み別、SEOツール導入をおすすめするケース

コンテンツSEOを実施している、もしくはこれからはじめたいという方によくあるお悩みのなかで、次のようなケースにSEOツール導入をおすすめしています。

  • これからSEO対策を行いたいが、高額なSEOコンサルティングは社内の予算がおりず導入できそうにない。コンサルティングを受ける場合も、内製化を視野にノウハウを蓄積したい。
  • コンテンツSEOを運用しており、成果も出ているが、業務に時間がかかりすぎるため、工数削減をしたい。

SEO対策を推進する人材が社内にいない場合、コンサルティングサービスの導入を検討するものの高額な費用に悩む方へ、SEOツールの導入をおすすめしています。

SEARCH WRITEでは月額5万円からはじめることができ、コンサルティングサービスと比べ安価にSEO対策を実施することができます。

ツールの提供だけでなく、カスタマーサクセスによるSEOやコンテンツマーケティングに関するレクチャーや、導入・運用サポートを受けられます。タスクリスト機能を活用することでノウハウを蓄積することもでき、内製化を目指すことができます。

業務にかかる工数を削減し、効率化を図りたい場合も、SEOツールの導入がおすすめです。

SEARCH WRITEは、キーワード選定から、分析、運用までワンストップで施策を実行できるため、アナリティクス、サーチコンソール、Excelなどを行ったり来たりする必要がなく、工数を大幅に削減することができます。

SEOツール導入をおすすめしないケース

観光や美容、飲食業界など、ポータルサイトの影響力が強く、コンテンツSEOによる効果をあまり見込めない業界の企業様の場合は、SEOツールの導入を積極的におすすめしていません。

また、SEO対策を成果につなげるためにはある程度の時間がかかるため、すぐに成果を出したい、と強く望まれる場合も、SEOツールの導入をおすすめできません。

ターゲットがニッチな商材である場合も、SEOの特性上、詳細なターゲティングを行いづらく検索ボリュームが少ないため、SEO自体が施策として向かないこともあります。

専任のカスタマーサクセスチームが導入から運用までサポート

SEARCH WRITEでは、ユーザーがツールを活用し成果につなげるためにも、サポート体制の充実に力を入れています。SEOツールの導入支援はもちろん、SEO・コンテンツマーケティングに関する相談など、担当者の課題に応える内容の支援を幅広く行っています。

専任のカスタマーサクセスチームが、導入時のサポートだけでなく、運用時の課題や悩みについてもサポートしています。また、SEOだけでなく、全般的なデジタルマーケティングの運用体制を有していることから、幅広いサポートが可能です。

SEARCH WRITEは、今後もより多くのユーザーの課題を解決すべく、定期的な新機能のリリースを目指し開発しながら、企業におけるコンテンツSEOの内製化支援を行っていきます。

まとめ

  • SEARCH WRITEでは、キーワードの選定から、新規記事作成、既存記事のリライトや、施策ログの蓄積や効果測定まで、PDCAをしっかりと回す運用を理想とした機能設計により、企業におけるコンテンツSEOの内製化支援を行っている。
  • 専門知識がなくても使えるツール設計で、誰でも手軽に成果につながる運用を実現している。
  • 専任のカスタマーサクセスチームが、導入時のサポートだけでなく、運用時の課題や悩みについてもサポートしている。
  • ツールの導入支援はもちろん、SEO・コンテンツマーケティングに関する相談など、担当者の課題に応える内容の支援を幅広く行っている。

BeMARKE編集部の注目ポイント

SEO施策を成果につなげるには、ユーザーの検索ニーズに合致した良質なコンテンツを継続的に制作することが重要です。
そのために必要な、ノウハウを持つ人材の確保や制作体制の構築、工数やコストの管理などに課題を感じている企業のWeb担当者は少なくありません。
また、記事公開後に、リライトやタイトル変更をはじめとした追加施策を実施する必要性を感じながらも、運用できず成果につながらないというケースもあるでしょう。
SEARCH WRITEは、キーワード選定から記事制作はもちろん、リライト、ノウハウの蓄積から効果測定までカバーする機能設計と、カスタマーサクセスチームの手厚いサポートによって、SEOにおける企業担当者の課題を解決しながら施策を推進できる点が特長です。
コストを抑えながらSEOを成果につなげたい、内製化を目指したい、という企業に向いているツールといえます。

BeMARKE編集部より

BtoB向けサービスベンダー取材企画へのご協力のお願い

現在、BtoBマーケター向けに、課題解決策の1つとしてベンダー企業のソリューションサービスを記事で紹介しています。BeMARKメディアでの記事掲載が可能な企業様はお問い合わせフォームよりお知らせください。
【募集要項】
■対象:BtoBマーケター向けにサービス、システムなど商材を提供しているベンダー企業
※サンプル:https://be-marke.jp/categories/interview
■条件:オンラインでの取材にご協力いただける企業。取材対象サービスが正式ローンチから半年以上経過していること。取材前に編集部より事前に案内するヒアリングシートの回答に協力できること。
■費用:謝礼のお支払いおよび記事掲載料請求はありません。
■注意事項:応募多数の場合や商材内容によってはお断りする場合がございます。掲載時期やヒアリング項目の指定はできかねます。目安として、取材から約1か月後の記事公開を予定しています。
【お問い合わせフォーム】https://be-marke.jp/contact
→取材を希望するサービス名、サービスサイトURLなどをお知らせください。担当者より折り返し連絡いたします。  


この記事で紹介されたサービス

SEARCH WRITE
SEARCH WRITE

知識がなくてもすぐに使えるSEOツール。SEOに必須の機能が初心者でも使いこなせる

あわせて読みたい

検討したい関連サービス

SEARCH WRITE

SEARCH WRITE

知識がなくてもすぐに使えるSEOツール。SEOに必須の機能が初心者でも使いこなせる

この記事を書いた人

BeMARKE編集部
BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター