用語解説

検索ボリューム

けんさくぼりゅーむ

検索ボリュームとは、GoogleやYahooなどの検索エンジンでキーワードが検索される回数のことです。一般的には月間の平均検索回数をいい、指定のキーワードがユーザーにどの程度ニーズがあるのかを把握する指標になっています。

Googleの検索ボリュームは、Googleが提供するサービス「GoogleKeywordPlanner」で調べることができます。

一言コメント

検索ボリュームが大きければ、ユーザーから検索される回数が多く、集客できるキーワードと考えられます。しかし、検索ボリュームが大きいキーワードはそれだけ競争率も高くなるため、ただ大きければ良いという訳ではありません。
SEO対策を行う上では、検索ボリュームの大小を見ながらキーワードを選定し、戦略に応じて使い分けることが重要です。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

図解と例示でわかる! UU・セッション・PVの違い

図解と例示でわかる! UU・セッション・PVの違い

Webサイト分析を行う際には必ず登場するUU数、セッション数、PV数。しかしWebサイト分析をし始めたばかりの人にとっては、意味の違いを理解しにくいものです。本資料では、迷わず理解できるよう図解と例示を用いて3用語の違いを解説します。

トピッククラスターとは? SEO上もユーザーのためにも有効な理由

トピッククラスターとは? SEO上もユーザーのためにも有効な理由

主にSEO対策の側面で注目を集めているトピッククラスターという手法があります。この手法は、SEO以外にもユーザビリティの面でメリットがあります。本記事ではトピッククラスターの意味と、なぜ重要か、また実際に取り組むにはどうすべきか解説します。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター