用語解説

スモールワード

すもーるわーど

スモールワードとは、ミドルワードよりも少なく検索されるキーワードを指します。

検索数による明確な定義はなく、業界にもよりますが、月間の検索ボリュームが千に満たないキーワードはスモールワードと見なすことができます。

スモールワードは集客数をそれほど見込めないかわりに、競争率が低く、検索結果で上位表示を獲得しやすいキーワードです。

一言コメント

スモールワードは「車 中古 激安」「マーケット 出品 絵画」など、より具体的で狭い範囲を示す言葉の組み合わせが多くなります。抽象度の高いビッグワードと比較するとユーザーの流入するニーズが見えやすく、CV率も高くなる傾向があるとされています。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

トピッククラスターとは? SEO上もユーザーのためにも有効な理由

トピッククラスターとは? SEO上もユーザーのためにも有効な理由

主にSEO対策の側面で注目を集めているトピッククラスターという手法があります。この手法は、SEO以外にもユーザビリティの面でメリットがあります。本記事ではトピッククラスターの意味と、なぜ重要か、また実際に取り組むにはどうすべきか解説します。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター