用語解説

ビッグワード

びっぐわーど

ビッグワードとは、検索エンジンで多数のユーザーに検索されるキーワードを指します。

検索数による明確な定義はなく、業界にもよりますが、月間の検索ボリュームが1万回を超えるようなキーワードであればビッグワードと見なすことができます。

自社サイトにユーザーの流入を誘うためには、どのようなキーワードで検索エンジンの上位表示を狙うか、その選定が重要です。
ビッグワードは多数の集客を見込めるものの、競争が激しく、一般的に検索結果で上位を獲得するのは難しいとされています。そのため、単独でキーワードに設定されることは多くありません。

一言コメント

ビッグワードは「車」「マーケット」「コンサルティング」など汎用的な言葉であるため、括りが広範囲です。そのためビッグワードの安易な利用は自社のターゲットではない層の集客につながり、場合によってはCV率を下げる恐れがあります。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

トピッククラスターとは? SEO上もユーザーのためにも有効な理由

トピッククラスターとは? SEO上もユーザーのためにも有効な理由

主にSEO対策の側面で注目を集めているトピッククラスターという手法があります。この手法は、SEO以外にもユーザビリティの面でメリットがあります。本記事ではトピッククラスターの意味と、なぜ重要か、また実際に取り組むにはどうすべきか解説します。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター