事例

【企業事例あり】BtoB大手企業におけるデジタルマーケ導入から成果につなげるまでの課題と効果的な施策とは? 〜現場担当者のリアルな声から解決のヒントを探る〜

【企業事例あり】BtoB大手企業におけるデジタルマーケ導入から成果につなげるまでの課題と効果的な施策とは? 〜現場担当者のリアルな声から解決のヒントを探る〜

BtoB企業にとって、新規顧客を獲得するためにデジタルマーケティングの導入が欠かせません。 しかし、歴史のある大手企業ほど、デジタルマーケティング導入のハードルが高く現場担当者の苦労の声が絶えないという現状があります。 そこで今回は、デジタルマーケティングを導入し、試行錯誤を経て実際に成果をあげているBtoB大手企業A社の事例を、現場担当者の声とともに詳しくご紹介し、課題解決のヒントを探ります。

目次

デジタルマーケティングに新たに取り組むことになった経緯と、当時の自社の課題や背景

A社プロフィール:老舗製造業を営む、社員数千人規模の大企業
担当者様 職位:企画課所属にてデジタルマーケティング業務を兼任、デジタルマーケティングの必要性を社内に説きプロジェクトを推進中

A社のデジタルマーケティングの取り組みのきっかけは、企業サイトの改修から始まりました。 改修のための情報収集を進めるなかで、ユーザーの行動分析データからサイトのデザインやコンテンツ内容を改善し、その知見を社内で共有し活用していくべきと日々感じていました。 また、引き合いの取れるサイトにしたいという強いニーズが社内にあったことから、デジタルマーケティングの強化の必要性を認識するようになったそうです。

施策実行にあたり、同時期に社内に設立されたインサイドセールス部門と連携していくことになりました。 インサイドセールスの担当から情報を聞き取りながら、デジタルマーケティング施策によって得られたデータを共有することで営業活動をサポートしつつ、事業部主体での連携を模索していたそうです。

「デジタルマーケティング施策を最優先課題であると考えた理由は、会社として 新規顧客の獲得に課題があり、特にWebを通じた製品訴求や認知拡大のための施策が弱いと感じ、その必要性を強く感じたためです」

他社がCMを使ったプロモーションを華々しく行い、Webサイトも魅力的に展開されているのを見て、焦りを感じるようになったことも要因の一つです。 魅力に乏しく使いづらい自社サイトではリード獲得は難しいため、急ぎ改善の必要性を強く感じました。 さらに、コロナ禍により対面での営業活動をしづらくなったことからデジタルマーケティング施策への需要がより加速しました」

経営層から短期的な成果を求められるなか、施策を推進していく方法とは

デジタルマーケティング施策実行に際しすべての企画に対して、社内上層部から、受注はいくら取れるのか、売上にどうつながるのかということを短期的なスパンで求められていたことから、いかに企画を通すかの工夫が必要でした

そこでマーケティング担当者が調査のうえ、デジタルマーケティング施策によって引き合いを増やし、受注数増を目指す、というような数値的な目標・計画とともに企画を社内提案することに。

「当時、デジタルマーケティングに対する社内の認識が浅く、専門用語などが通じない状況のなか、プロジェクト担当者として経営層に向け、施策による効果をどれだけ伝えられるかという点が課題でした

デジタルマーケティングの支援企業の選定や社内調整、説得に時間がかかったが、プロジェクトの必要性などを社内に広め少しずつ理解を得ていったのだそう。

「短期的なスパンでの売上につながる成果を求める経営層への説得材料として、デジタルマーケティング施策においてどのようなKPIを設定し達成するか、商談件数がどのくらい増えるかという数値目標とともに企画を提示することがポイントです

施策にかかるコスト管理とノウハウ蓄積の必要性

「施策実行にかかる外部委託費などのコストに対して、内製化を視野に、コスト削減の必要性を上層部から指示されていました。 また、施策におけるノウハウを蓄積し他の事業部にもデジタルマーケティングの知見を共有するということも意識し行動していました

デジタルマーケティングの多岐にわたる施策のなかで、A社の事業との相性の良さを鑑み、BtoB企業の多くが取り組むコンテンツマーケティングを施策の中心に据えることを決定されたそう。 オウンドメディアサイトへの検索流入の増加とそれに伴うリード情報の獲得を目指し、かつ、インサイドセールスや営業活動のプロセスのなかで活用できる質の高いコンテンツづくりに注力することになったそうです。

コンテンツマーケティングを実行するなかで気づいた課題と効果的な取り組み

コンテンツマーケティングを実際に始めてみると、自社製品に関連するキーワードが、想定よりも検索ボリュームが大きいということが調査で判明するなど、施策に対して社内の期待値が上がったそうです。

反対に、外部のマーケティング支援会社とのやりとりのなかでは、専門性が高く高額な自社製品の特長を理解してもらうことに難しさを感じたとのこと。 また、大量に生成される記事やホワイトペーパーなどのコンテンツの確認作業に人的リソースと膨大な時間が必要であるということも、実行して初めて実感したことなのだとか。

「社内にコンテンツ制作にまつわる知識を持った人材が不足していたことから、実際の運用段階で苦労しました専門性の高い製品だからこそ、制作や確認作業をすべて外部に委ねるのは難しく、自社の人的リソースを使った確認作業が必要であることが分かりました。 もっと一般的な認知率が高い製品であれば状況は異なるかと思いますが、支援会社の意見を参考に、より良い制作フローを模索していく必要がありました」

競合調査でコンテンツの質を高め、営業部からの評価を得る

施策のなかでは、競合他社のWeb施策を調査することによって自社製品の立ち位置や特長を再認識することで、製品の優位性などを捉え直しコンテンツに反映していったそう。 製品の市場優位性を明確に示せたことで、営業活動にもプラスに働き、デジタルマーケティング施策の効果を実感したそうです。

また、製造業向けの製品選定のポイントをまとめたホワイトペーパーが営業活動に役立ち営業チームから評価されたことも、効果的と感じたポイントのひとつだとか。

「プロジェクト開始当初はセッション数やCV率の伸びが見られなかったものの、コンテンツのテーマや内容の充実度合い、デザイン性の高さなど、施策前までにはなかった質の高いコンテンツができたことに関して、社内でも施策に対する期待が高まるようになりました。 特に、アクセス数や引き合いの数などの数値的な成果が見えづらい初期の段階では、コンテンツの質を上げ活用の幅を増やす方法によって、施策の有用性をアピールしていました」

ホワイトペーパーの他にも提案資料など、営業が毎日使うツールの質が上がることで施策に対する社内の評価が上がりやすいと感じたそうです。

「コンテンツの質を評価されるポイントとしては、一般論や製品説明書に書かれていることだけではなく、実際に製品を使い運用してみた使用感や具体的な評価などが情報として加味されているかどうかという点です。 評価の高い資料は、各支店のトップセールスなどキーマンに届けることで、組織全体への評価の高まりと認知の広がりを期待できます」

インサイドセールスとの連携のポイント

A社ではデジタルマーケティング施策推進にあたり、営業現場との意識のズレを回避するため、積極的にコミュニケーションを図ることを大切にしていたそうです。 プロジェクトメンバーに営業出身者が複数人いたことも効果的なポイントだったそう。

今回のプロジェクトは、インサイドセールスと営業部、マーケティング部と広報部のそれぞれからメンバーをアサインしたうえで相互協力体制を敷き、施策を実行していきました。 プロジェクト推進のためのコミュニケーションのポイントとしては、良いことも悪いこともごまかさず議論していくということです。 例えば、コンテンツマーケティングによって引き合いが増えたと部分的に成果を誇張することよりも、商談化率や受注率の改善にどう影響しているのかを具体的な数値として示し、施策の全体像をデータを基に正確に捉え評価することが重要です

そのほか、施策進捗を全社員が閲覧できるデータベースに載せ共有・更新したり、デジタルマーケティングに関する社内勉強会を開いたりなど、全社への理解と学びを促す機会を設けるなどの工夫も。

CV率を高めて具体的な数値として報告していくことで売上につなげていく流れを作っていく

「デジタルマーケティング施策における今後の課題は、コンテンツ制作の社内の知見やスキルを高めて内製化を進めることです。 内製化できる範囲と外部の支援が必要な範囲の見極めが重要だと感じています」

「アクセス数の母数を増やしコンテンツからのCV率を高めて、商談化率を上げ売上につなげていくという流れをいかにスピーディーに作っていくことができるか、という点が大きな課題です。 それらを具体的な数値として経営層へ報告していくことで、プロジェクトが認められればより施策を実行しやすい環境が実現するでしょう」

まとめ|BtoB大企業におけるデジタルマーケティング施策実行のポイント 〜A社の場合

  • (短期的なスパンでの売上につながる成果を求める経営層への説得材料として)施策においてどのようなKPIを設定し達成するか、引き合い獲得数と商談件数がどのくらい増えるかという数値目標とともに企画を提示する。
  • コンテンツの確認作業に人的リソースと膨大な時間が必要。専門性の高い商材ほど社内確認できる体制を作るべき。
  • 競合他社のウェブ施策の調査によって自社製品の立ち位置や特長を再認識することで、製品の優位性などを捉え直しコンテンツに反映できる。
  • 数値的な成果が見えづらい初期の段階では、コンテンツの質を上げ営業現場での活用の幅を増やし評価を得ることによって、施策の有用性をアピール。
  • マーケティング担当とインサイドセールスのコミュニケーションのポイントは、良いことも悪いこともごまかさず議論していくこと。施策の全体像をデータを基に正確に捉え評価することが重要。

あわせて読みたい

KGIとKPIの違いは?設定方法や目標達成のポイントも解説

KGIとKPIの違いは?設定方法や目標達成のポイントも解説

より効率的なマーケティングを実施するために覚えておきたいKGIとKPI。両者には「KGIが最終目標であるのに対し、KPIは中間目標である」という違いがあります。この記事ではKGIとKPIの違いに加え、両者を設定するポイントなどを解説します

BtoBマーケティングって何するの?注目される背景や基本の流れを解説

BtoBマーケティングって何するの?注目される背景や基本の流れを解説

BtoBマーケティングの手法は、時代と共に変化しています。本記事では、BtoBマーケティングの概要や、具体的な施策、活用できるツールや、近年のトレンドなどについて紹介していきます。

BtoBにおけるカスタマージャーニーマップとは?テンプレートに沿って作り方を解説 

BtoBにおけるカスタマージャーニーマップとは?テンプレートに沿って作り方を解説 

BtoBマーケティングの施策を考える上で重要なカスタマージャーニーマップについて解説する記事です。カスタマージャーニーマップの意味や注目される背景、BtoCのカスタマージャーニーマップとの違い、メリット、作り方、注意点を解説しています。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部
BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター