用語解説

ソリューションセリング

そりゅーしょんせりんぐ

ソリューションセリングとは、自社の製品・サービスを単に説明し売り込む営業ではなく、顧客の課題解決を最大の目的とし、その解決策として自社の製品・サービスを提案する営業手法のことです。ソリューション営業または提案型営業とも呼ばれます。

顧客に課題を認識させるところから、課題をどう解決すべきか、自社の製品・サービスが解決のためにどう役立つのかまでを伝えます。ソリューションセリングを実施するためには、顧客分析やヒアリングによって顧客のニーズを正確にくみ取った上で、仮説を立てて検証し、適切な提案を行う能力が求められます。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 

一言コメント

ソリューションセリングは、自社製品の販売ではなく、顧客と一緒に顧客の課題を解決することを目的とします。そのため、営業担当者もやりがいを感じやすくなる傾向があると考えられます。 営業職といえば「厳しいノルマ」や「売りつけ」といったマイナスイメージがついて回りますが、ソリューションセリングが浸透すれば、もっと創造的な職種として認知されるかもしれません。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

BtoBマーケティングにおける顧客理解とソリューションコンテンツの重要性

BtoBマーケティングにおける顧客理解とソリューションコンテンツの重要性

BtoBマーケティングにおいて生まれている分断の原因と、歩み寄りのために必要な顧客理解の方法、そしてその実践の中で重要なソリューションコンテンツについて解説します。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター