用語解説

カスタマージャーニー

かすたまーじゃーにー

カスタマージャーニーは、直訳すると「顧客の旅」です。
顧客が自社の製品・サービスを認知してから購入に至るまでの購買プロセスにおいて、どのような行動・感情の変化があったのか、その移り変わりの一部始終を「旅」に例えた言葉です。

顧客視点でマーケティングを見直したい場合に、カスタマージャーニーを時系列で整理し、企業と顧客の接触地点を可視化したカスタマージャーニーマップがよく利用されます。
詳しくは、「BtoBにおけるカスタマージャーニーマップとは?テンプレートに沿って作り方を解説」をお読みください。 

一言コメント

カスタマージャーニーは、顧客側の目線で購買プロセスを捉える考え方であり、新しい事業を始めるときの施策立案にも、上手くいっていない場合の課題発見にも有用です。ただし、カスタマージャーニーを作成する場合には、「理想」と「現状」のどちらを主題に作成するのか、認識をすり合わせておく必要があります。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

BtoBにおけるカスタマージャーニーマップとは?テンプレートに沿って作り方を解説 

BtoBにおけるカスタマージャーニーマップとは?テンプレートに沿って作り方を解説 

BtoBマーケティングの施策を考える上で重要なカスタマージャーニーマップについて解説する記事です。カスタマージャーニーマップの意味や注目される背景、BtoCのカスタマージャーニーマップとの違い、メリット、作り方、注意点を解説しています。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター