用語解説

名寄せ

なよせ

名寄せとは、複数のデータベースでバラバラに管理されている顧客の情報を統合し、一元管理が可能な状態にすることです。

具体的には、顧客の氏名、企業名、メールアドレス、電話番号などを頼りにデータを調査し、表記ゆれやダブりを排除するデータクレンジングを行います。その後、顧客ごとに一意のIDを振り分けるなどして、顧客情報をいつでも一覧できるようデータベースを整えます。

顧客情報は、同じ顧客の情報なのに異なる部署でバラバラに管理されていたり、二重に登録されてしまったりと、不正確に管理されている場合があります。顧客リストが正しくなければ、同じメールを二度送信してしまうなど、顧客の信頼を失うミスにつながりかねません。名寄せを定期的に行い、正確な顧客情報データベースを維持することは、マーケティングにおいて必須の作業です。

一言コメント

MAやSFA/CRMなどのツールを導入する場合、ツールの設定は完了しているのに、取り込むデータの名寄せが済んでおらず運用が始められない場合があります。日頃から名寄せを意識し、顧客情報を管理しましょう。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

Sansanが「営業を強くするデータベース」へプロダクト刷新。機能強化のポイントとは?

Sansanが「営業を強くするデータベース」へプロダクト刷新。機能強化のポイントとは?

Sansan株式会社が、クラウド名刺管理サービス「Sansan」を営業DXサービス「Sansan」へとコンセプトを刷新し、「営業を強くするデータベース」としての機能強化を行うことを発表しました。注目すべき機能強化のポイントとは。

案件化前の顧客はどこで管理する?MA・SFAの運用を考える際の見落としたくないポイント

案件化前の顧客はどこで管理する?MA・SFAの運用を考える際の見落としたくないポイント

MA・SFAの効果的な運用を見据えて導入するツールを検討する際に、各ツールの細かい機能と同じくらい見落としてはいけない軸があります。それは、「案件化前の見込み客(リード)をどこでどのように管理するのか」という点です。 今回はこの点について、なぜ重要な視点なのか、ツールによりどういった違いがあるのか解説します。

MA
営業活動を進め商談機会を生み出すクラウド「LEADPAD(リードパッド)」が正式リリース。BtoBマーケティングにおける営業リスト作成の重要性とは

営業活動を進め商談機会を生み出すクラウド「LEADPAD(リードパッド)」が正式リリース。BtoBマーケティングにおける営業リスト作成の重要性とは

営業活動プラットフォーム「LEADPAD(リードパッド)」は「顧客育成に注力できるプラットフォーム」としてコンセプトを新たに正式リリースしたことを発表しました。 BtoBマーケティングにおける、営業リスト作成のメリットと効果的な活用方法とは?

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター