用語解説

クロスセル

くろすせる

クロスセルとは、顧客が購入する製品・サービスに加えて、関連する別の製品・サービスの購入を提案する営業手法です。

例えば、ある製品の購入を決めた場合に、別料金で追加できる故障時の修理サポートを提案したり、連携することで利便性が増す他の製品も案内するような手法をいいます。

新規顧客を増やして売上を伸ばすのではなく、既存顧客の売上単価を上げて売上を向上させるのが目的です。新規顧客の開拓にはコストがかかるため、少ないコストで利益を上げることができます。

一言コメント

企業が新しい発注先へ乗り換えることの少ないBtoBマーケティングでは、新規顧客の開拓に費用を投じるよりも、既存顧客へアプローチした方が営業効率が良い場合があります。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

あなたの会社は「MAを導入しないほうが良い」かも?失敗回避のためのポイント4つ

あなたの会社は「MAを導入しないほうが良い」かも?失敗回避のためのポイント4つ

多くのBtoB企業で導入されているMA。しかし実際はMAの導入に適していない企業もあります。自社の状態を見極め、MA導入で失敗しないようにするためのポイントを事前に把握しておきましょう。

MA
ABMとは?注目の背景から取り組むメリットを解説

ABMとは?注目の背景から取り組むメリットを解説

効率的なマーケティングを実現する、今注目のBtoB企業向けのマーケティング手法「ABM」について解説する記事です。ABMが注目される背景や取り組むメリット、実践方法なども解説しています。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター