用語解説

AIDMA

あいどま

AIDMA(アイドマ)とは、顧客が製品の購入するまでの一連の心理状態の変化を定めたモデルの1種です。

Attention(注意) Interest(興味) Desire(欲求) Memory(記憶) Action(行動)のそれぞれの状態の頭文字を取ったため、AIDMAと呼ばれています。

まずは製品を知り、その上で興味を持ち購入したいと思い、それが何か記憶したあとで実際に購入すると、購買行動を認識する考え方です。

一言コメント

顧客が製品の購入するまでの一連の心理状態の変化を定めたモデルは「購買行動モデル」と呼ばれ、AIDMA以外にも種類があり、時代や製品により使い分けられています。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

BtoBにおけるカスタマージャーニーマップとは?テンプレートに沿って作り方を解説 

BtoBにおけるカスタマージャーニーマップとは?テンプレートに沿って作り方を解説 

BtoBマーケティングの施策を考える上で重要なカスタマージャーニーマップについて解説する記事です。カスタマージャーニーマップの意味や注目される背景、BtoCのカスタマージャーニーマップとの違い、メリット、作り方、注意点を解説しています。

ファネルとは?BtoBマーケティングでの活用方法を解説

ファネルとは?BtoBマーケティングでの活用方法を解説

「ファネル」とは認知から購買に至るまでのフェーズと人数を示した図を指します。この記事では、マーケティング担当であれば押さえておきたいファネルの意味や有効性、ファネル分析に使えるツールなどを解説していきます。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター