ニュース解説

経営情報を一元化!RaySheet(レイシート)がSalesforce上の集計機能を強化

経営情報を一元化!RaySheet(レイシート)がSalesforce上の集計機能を強化

グレープシティ株式会社は、2022年8月24日にSalesforceの一覧画面と機能を拡張するAppExchangeアプリ「RaySheet(レイシート)」をアップデートし、クロス集計機能を大幅に強化しました。これによりSalesforce内での高度な集計を自動化できます。

目次

「RaySheet(レイシート)」とは

「RaySheet」は、Salesforceの商談や取引先などのデータを、Excelの外観と操作性で表示し編集できるツールです。作業負荷を軽減させながら、営業情報をSalesforceに集約することが可能です。

Excelと同様にフィルタリングや関数が使えるほか、複数レコードのデータの一括編集や関連するオブジェクトのデータの一画面表示など、ノーコードで画面をカスタマイズでき、業務に即したビューを簡単に作成できます。

また、クロス集計機能(RaySheetPivot)の搭載により、集めたデータをExcelのピボットテーブルのように集計できます。

「カスタム小計」機能とは

今回追加された「カスタム小計」は、クロス集計の集計結果に対して独自の計算式を設定し、一覧上の任意の行や列に挿入できる機能です。商談と受注といった異なるオブジェクトも集計対象にできるため、CSVに出力してからExcelで加工する手間をなくし、自由な切り口の分析をリアルタイムで行えるようになります。

例えば、予算から販売管理費の小計を算出したり、受注データから営業利益をリアルタイムで確認する、あるいは取引先ごと、事業部ごとの予算と実績の差異や達成率をひと目で把握するといったことが可能になります。

案件から受注までのデータをSalesforceに集約しRaySheetで柔軟に集計を行うことで経営情報が一元化され、リアルタイムに状況を把握するプラットフォームを構築できます。

「カスタム小計」機能の活用例

損益予算計算

予算データを損益計算書のように月別で表示することができます。利益と経費のバランスを科目ごとに検討しながら予算の策定が可能です。

予算と実績の比較

予算オブジェクトと商談(実績)オブジェクトを突き合わせて、差異と達成率を計算したデータを1画面に表示させ、さまざまな集計を行うことが可能です。

Excelライクな操作性とSalesforceとの併用で作業効率アップ

BeMARKE編集部の注目ポイント

Salesforceを日々活用している企業においても、使い慣れたExcelのように情報を管理したいと考えるユーザーは少なくないでしょう。
RaySheetでは、Excelライクな操作性によりそのようなユーザーのニーズにこたえながら、Salesforceで予算の入力や修正、集計作業ができることで、業務の効率化をサポートします。
今回のカスタム小計機能の追加により、予実管理を1画面で行うことができるようになりました。
複数のデータを行き来しながらデータ入力と確認を行っていたユーザーにとって注目のニュースといえます。

※参考 URL:RaySheetがクラウド型SFA上の集計機能を強化。損益予算管理や予実管理など経営状況の一覧も自由自在


あわせて読みたい

リアルタイムに情報共有できる!営業管理ツール「GENIEE SFA/CRM」がチャット機能の提供を開始

リアルタイムに情報共有できる!営業管理ツール「GENIEE SFA/CRM」がチャット機能の提供を開始

営業管理ツール「GENIEE SFA/CRM」は、ユーザー同士がリアルタイムに情報共有できる「チャット機能」の提供を開始したことを発表しました。 機能追加により、社内コミュニケーションが円滑になり、情報共有を目的とした会議の削減や、過去のやり取りの一元管理による営業業務の効率化をサポートします。

SFA
大企業のBtoBマーケティングの課題とは?54.5%が「新規施策を推進する人材の不足」を実感

大企業のBtoBマーケティングの課題とは?54.5%が「新規施策を推進する人材の不足」を実感

マーケターと企業のマッチングサービス「マーケティングプロパートナーズ」は、従業員数1,000名以上の大企業の、BtoB事業を推進するマーケティング担当者104名に対し、「大企業のマーケティング課題に関する実態調査」を実施し結果を発表しました。

ハイブリッド型イベント開催向けの新機能をEventHubがリリース

ハイブリッド型イベント開催向けの新機能をEventHubがリリース

株式会社EventHubは、提供するイベントプラットフォーム「EventHub(イベントハブ)」で、ハイブリット開催に向けた新機能開発のリリースを発表しました。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部
BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター