用語解説

回遊

かいゆう

マーケティングにおける回遊とは、自社Webサイトを訪問したユーザーが、リンクを辿るなどして同サイト内の別ページを巡回・閲覧することです。回遊数は、Google Analyticsなどのアクセス解析ツールで確認することができます。

回遊を促すことで、ユーザーは複数のページを閲覧することになり、Webサイトの説明に触れる時間も長くなります。回遊性の高さは、サイトを巡回する内にユーザーが製品・サービスに対して興味を持つきっかけの多さにつながり、CV率の向上が期待できます。

一言コメント

WebサイトのPV数から訪問数を割ることで、回遊率を算出できます。回遊率は、Webコンテンツがユーザーのニーズに適しているかなどの指標になります。
ただし、必要な情報が見つからずに回遊しているというケースも考えられるため、必ずしも回遊率が高ければ良いコンテンツであるというわけではありません。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

図解と例示でわかる! UU・セッション・PVの違い

図解と例示でわかる! UU・セッション・PVの違い

Webサイト分析を行う際には必ず登場するUU数、セッション数、PV数。しかしWebサイト分析をし始めたばかりの人にとっては、意味の違いを理解しにくいものです。本資料では、迷わず理解できるよう図解と例示を用いて3用語の違いを解説します。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター