用語解説

BIツール

びーあいつーる

BIは、Business Intelligence(ビジネス・インテリジェンス)の略語です。BIツールとは、膨大なデータを整理・分析・レポートすることによって、さまざまな企業の意思決定、例えば経営判断や業務効率化などに役立てようとするツールのことです。

特に大きな組織になればなるほど、データベースがいくつも立ち上がり、別々に利用されている場合があります。BIを利用して複数のデータベースを統合することで、経営活動に利用できる新たなデータが生まれる可能性があります。BIは、そうした有用なデータを無駄にしないために活用されているのです。

一言コメント

MAやSFA/CRMといったツールにも、多くの場合レポート機能が搭載されています。BIツールの導入は、MA・SFA/CRM以外のデータベースに格納されているデータとの連携を可能にし、より幅広いデータ分析を実現します。特に、受発注データや生産データなどは、BIツールを利用することでさらなる分析ができる可能性があります。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

ジーニーが、データドリブン経営を実現するBIツール「GENIEE BI」の提供を開始。その特長とは?

ジーニーが、データドリブン経営を実現するBIツール「GENIEE BI」の提供を開始。その特長とは?

マーケティングテクノロジーを活用したサービスを展開する株式会社ジーニーは、企業のデータによる意思決定・事業力強化を促進するBIツール「GENIEE BI」の提供を開始。国産の営業管理ツールを提供するジーニーならではのBIツールの特長とは。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター