お悩み回答

コンテンツマーケティングにおける外注先選びのポイント【お悩み回答】

コンテンツマーケティングにおける外注先選びのポイント【お悩み回答】

BtoBマーケティングのお悩みに回答する本企画。今回は、コンテンツマーケティングにおける外注先の選び方について、BeMARKEナビゲーターの山下がお答えします。


お悩み|コンテンツ制作における外注先の選び方を教えてください

コンテンツ制作を外注する場合の外注企業さんを探す際に、選び方のポイントはありますか。 これからオウンドメディアに注力したいと考えています。コンテンツ制作を外注した方が良さそうだという話が出ていますが、大きめの会社さんから個人事業主の方まで幅広い選択肢がありそうで、選び方がわかりません。基準を教えていただけますでしょうか。会社としては、価格よりもマーケティング上の効果があるかを重視しています。

目次

自社が足りていない領域をサポートしてくれるか

コンテンツ制作業者と一口に言っても、得意な領域が企業によって異なります。自社が一番足りていない部分をサポートできる企業であるかを第一に見ることをおすすめします。例えば以下のような違いがあります。

  • 取材が得意
    見込み顧客や、契約中のお客様に取材をしながら、リアルな課題をヒアリングして、その内容を体系的にコンテンツを制作するのが得意
  • SEOライティングが得意
    ウェブ上の検索ニーズをベースにコンテンツを制作するのが得意
  • サイト制作が可能
    オウンドメディアのサイトそのものの構築ができる
  • CMSを販売している
    オウンドメディアのサイトの運用がしやすいCMSの販売をしている

質を求めるなら、顧客理解を重視

さらに、効果が見込める良質なコンテンツを作りたいと考えているのならば、自社の顧客理解をどの程度行ってもらえそうかも重要な判断軸です。自社と類似業種・業界への実績があるのかや、ヒアリングを丁寧に行ってくれそうかが具体的な判断ポイントです。単純な価格のみで依頼先を考えると、期待通りの質を満たせず社内でのフィードバックに時間がかかってしまう場合があります。


この記事を書いた人

山下 航希
山下 航希

コンテンツマーケティングを軸にしたリード獲得をベースに、営業体制のDXコンサルティングを主導。エンタープライズ企業のマーケティング体制整備の実績あり。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター