用語解説

休眠顧客

きゅうみんこきゃく

休眠顧客とは、過去に商談や受注があったが、現在は取引を行っていない顧客のことです。

BtoBでは製品・サービスの検討期間が長いため、相手の稟議が通るのを待っている間に商談が立ち消えになってしまう場合があります。また、取引が完了した後、特に意見伺いなどをせずにいたために、そのまま顧客が放置され追加受注の機会を逃している場合もあります。

BtoBマーケティングにおいては、そうした休眠顧客に対しメール配信や架電などによってアプローチをすることで、自社への興味・関心を引き起こし、再度の受注へと結びつける取り組みが提唱されています。

一言コメント

休眠顧客の掘り起こしは新規リードを枯渇させないためにも重要ですが、理由があって発注しないことを決めた顧客相手の場合、難易度の高い手法でもあります。顧客がどうして休眠状態になっているのかを調べた上での対応が必要です。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

MAのリードスコアリングとは?メリットや運用時の注意点を解説

MAのリードスコアリングとは?メリットや運用時の注意点を解説

この記事では、MAのスコアリングのメリットや運用のポイントなどについて解説しています。MAスコアリングは、BtoBマーケター・セールスの強力な味方になってくれるツールです。積極的に活用し、営業効率アップを図りましょう。

MA

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター