用語解説

ガントチャート

がんとちゃーと

ガントチャートとは、企業のプロジェクト進捗管理に用いられる表を指します。
横軸では進捗状況が棒グラフで示され、縦軸では必要なタスク、担当者、作業の開始日、終了日、締切などのスケジュールをまとめて一覧できるのが特徴です。

元々は、工場の監督者が、従業員の進捗状況をすぐに把握できるようにと考案されたものでした。現在では、幅広い分野で生産性を上げるために導入されています。

一言コメント

考案された当初は紙で管理されていましたが、プロジェクトが終わったり、急な変更が生じたときには逐一作り直しが必要でした。今ではオンラインのタスク管理サービスなども登場しており、リアルタイムでプロジェクトメンバーの進捗状況を可視化できるようになっています。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

ジーニーが、データドリブン経営を実現するBIツール「GENIEE BI」の提供を開始。その特長とは?

ジーニーが、データドリブン経営を実現するBIツール「GENIEE BI」の提供を開始。その特長とは?

マーケティングテクノロジーを活用したサービスを展開する株式会社ジーニーは、企業のデータによる意思決定・事業力強化を促進するBIツール「GENIEE BI」の提供を開始。国産の営業管理ツールを提供するジーニーならではのBIツールの特長とは。

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター