用語解説

オンライン名刺

おんらいんめいし

オンライン名刺は、QRコードやURLを相手に提示することで、Web上での名刺交換を可能にしたサービスです。

新型コロナウイルスの流行によって、オンライン商談など、対面を避けWeb上で完結する購買活動は増加傾向にあります。オンライン名刺を利用すれば、じかに会わずとも名刺情報を交換できます。また、相手が名刺管理ツールを使用していない場合でもやり取り可能なツールが多く、利便性の高さが注目されています。

一言コメント

オンライン名刺サービスの中には、SFA/CRMツールと連携して名刺情報を簡単に蓄積できるものもあり、うまく使えば業務を効率化できます。オンライン・オフラインの商談状況なども踏まえて、自社に見合ったオンライン名刺サービスを選定しましょう。


この記事に関連するお役立ち資料

あわせて読みたい

Sansanが「営業を強くするデータベース」へプロダクト刷新。機能強化のポイントとは?

Sansanが「営業を強くするデータベース」へプロダクト刷新。機能強化のポイントとは?

Sansan株式会社が、クラウド名刺管理サービス「Sansan」を営業DXサービス「Sansan」へとコンセプトを刷新し、「営業を強くするデータベース」としての機能強化を行うことを発表しました。注目すべき機能強化のポイントとは。

オンライン展示会サービス「CrowdBooth(クラウドブース)」が4月19日より提供開始。 BtoB企業のオンライン展示会開催における課題とは?

オンライン展示会サービス「CrowdBooth(クラウドブース)」が4月19日より提供開始。 BtoB企業のオンライン展示会開催における課題とは?

デジタルマーケのSaaS総称サービス「Cloud CIRCUS」に、オンライン展示会ツール「CrowdBooth(クラウドブース)」が仲間入り。サービスの詳細と今後の展望、BtoB企業がオンライン展示会を活用するためのポイントとは?

この記事を書いた人

BeMARKE編集部

BeMARKE(ビーマーケ)は、BtoBマーケティングの課題解決メディアです。 BtoBマーケティングのあらゆる局面に新しい気づきを提供し、リアルで使える「ノウハウ」を発信します。

無料
相談
社内でマーケティングの
お悩みを相談できない方へ

BeMARKE ナビゲーター

マーケティング施策の進め方や
サービスの選び方を無料でナビゲート!

BeMARKEナビゲーター BeMARKEナビゲーター